椎名へきる シイナヘキル

  • 生年月日:1974/03/12

椎名へきるの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ガールズ&パンツァー 最終章 第3話

    美少女キャラとミリタリー要素を組み合わせたアニメシリーズ最終章の第3話。冬季無限軌道杯第2回戦に進んだ大洗女子は、あらゆる“突撃”を駆使した戦法で迫り来る知波単学園に苦戦を強いられる。ジャングルや夜戦という環境のなか、逆転の一手はあるのか? 声の出演は、TVアニメ『ドキドキ!プリキュア』の渕上舞、「さよならの朝に約束の花をかざろう」の茅野愛衣。監督は、「劇場版 SHIROBAKO」の水島努。
  • 劇場版 生徒会役員共2

    女子高から共学に変わり圧倒的に女子の数が多い学校で、癖のある生徒会役員が繰り広げる日常を描く4コマ漫画を原作にした、学園コメディアニメ劇場版第2弾。姿を消した津田タカトシを探して叫ぶ生徒会長・天草シノの声が、夕刻の生徒会室から響き渡り……。TVシリーズや映画第1弾から引き続き『K』のシリーズディレクターを務める金澤洪充が監督。『ギヴン』の浅沼晋太郎、「モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け」の日笠陽子ら声優陣も続投。
  • ガールズ&パンツァー 最終章 第2話

    女子高生と戦車を組み合わせたアニメシリーズ最終章全6話の第2話。河嶋桃が留年の危機に立たされ、AO入試で大学に入学できるよう、桃を隊長に据えて冬の大会・無限軌道杯に挑む大洗女子チーム。だが、初戦の相手・BC自由学園に思わぬ苦戦を強いられる。声の出演は、TVアニメ『ドキドキ!プリキュア』の渕上舞、「さよならの朝に約束の花をかざろう」の茅野愛衣。監督は、「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ夕陽のカスカベボーイズ」の水島努。
  • ダヤンとタマと飛び猫と 3つの猫の物語

    猫が主役のアニメと実写作品のオムニバス映画。絵本作家・池田あきこによる『猫のダヤン』、猫のキャラクター・タマを中心とした『タマ&フレンズ うちのタマ知りませんか?』、写真家・五十嵐健太の写真集『飛び猫』をモチーフにした映像作品の3本で構成。声の出演は、「ルパン三世 カリオストロの城」の島本須美、『究極超人あ~る』の笠原弘子。
    90
    • 可愛い
  • ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

    美少女キャラとミリタリー要素の組み合わせでヒットしたアニメーションシリーズの最終章。全6話の第1話に当たる。3年生の卒業を控えた大洗女子学園戦車道チーム。そんな彼女たちに騒動が降りかかり、難問に立ち向かうため、戦車道チームが再始動する……。声の出演は『アイドル事変』の渕上舞、『Infini-T Force』の茅野愛衣。
    70
  • 劇場版 生徒会役員共

    氏家ト全のギャグコミック『生徒会役員共』を原作に2010年・2014年に放映されたテレビアニメシリーズの劇場版。曲者揃いの桜才学園生徒会。ある日、副会長のタカトシが英稜高校にヘッドハンティングされそうになっていることがわかり、大騒ぎになる。「劇場版 K MISSING KINGS」の金澤洪充がテレビ版に引き続き監督を務めるほか、「サイボーグ009VSデビルマン」の浅沼晋太郎、『けいおん!』シリーズの日笠陽子ら声優陣が集結。原作コミック連載10周年記念企画。
  • MINKY MOMO IN  旅だちの駅

    1982年に生まれ、1991年に続編が放送された魔法少女アニメのエポックメイキング的作品「魔法のプリンセス ミンキーモモ」。1991年版放送終了後に製作されたOVA作品のひとつ。戦火のただ中にある駅構内にタイムスリップした二人の「モモ」とスリの少女との出会いを描く。監督は湯山邦彦。脚本は首藤剛志。声の出演に林原めぐみ、小山茉美、椎名へきる ほか。2011年7月23日より、東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋にて開催された30周年記念企画「魔法のプリンセス ミンキーモモ PARTY」にてデジタル上映。
  • 月のあかり

    椎名へきるを主演に、若手人気スターが共演した倉持健一の初監督作品。沖縄を舞台に、生きることに不器用な人々の“もがき”をしみじみと綴る。海辺に佇む山羊料理屋「月子」を営みながらひっそり暮らす“おっさん”の下に、ひとりの若者が現れる。
  • 映画 犬夜叉 時代を越える想い

    戦国時代を舞台に、人間と妖怪の子供である少年とタイムスリップした現代の女子中学生の、妖力を秘める玉を探す冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第1作。監督は「それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき」の篠原俊哉。高橋留美子の原作コミックを下敷きに、「劇場版 幻・想・魔・伝 最遊記 Requiem 選ばれざる者への鎮魂歌」の隅沢克之が脚本を執筆。撮影監督に「PIKACHU THE MOVIE 2001 ピカチュウのどきどきかくれんぼ」の白井久男があたっている。声の出演に、「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の山口勝平、「ザ★ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!」の雪乃五月ら。
  • ジャングル大帝(1997)

    ジャングルを舞台に、人間と動物たちの闘い、友情、愛、冒険を描いたスペクタクル長編アニメーション。監督は、テレビ・アニメ『美味しんぼ』の竹内啓雄。手塚治虫の大ベストセラー・コミックを、竹内と「ブラック・ジャック」の手塚プロダクション文芸部が脚色。撮影を「HERMES 愛は風の如く」の玉川芳行が担当。声の出演に、「蛍II 赤い傷痕」の津嘉山正種、柊美冬、富田耕生らがあたっている。
  • ウルトラマン・カンパニー こちらウルカン特捜(騒)隊

    ウルトラマンカンパニーが古代の像を巡って繰り広げる活躍を描いたディフォルメ・ヒーロー・アニメーション。監督は日下部光雄。ウルトラマン生誕30周年を記念して製作された“ウルトラマン・ワンダフルワールド”の中の1本。
  • 3丁目のタマ おねがい!モモちゃんを探して!!

    三丁目のネコ・タマとその仲間たちが、行方不明になったモモちゃんを探す旅を描くアニメ。学習雑誌やライセンス商品で小学生を中心に人気を博しているキャラクター、タマ&フレンズのデビュー十周年を記念して作られた劇映画で、監督は難波日登志。脚本は平柳益実が担当。
  • 精霊使い

    「封神演義」や雑誌「ぱふ」の表紙などイラストレーターとしても活躍している、岡崎武士原作のファンタジーアニメ。“精霊使い”の力を持つ主人公の覚羅は、さらわれた麻美を救い出すため強敵・士葵に戦いを挑む。【スタッフ&キャスト】原作・企画・脚本:岡崎武士 総監督:秋山勝仁 キャラクターデザイン:松原秀典 コンセプトデザイン・演出:合田浩章 出演(声):緑川光/椎名へきる/佐久間レイ/井上和彦
  • 誕生 Debut

    1994年に2巻構成でVHS版が発売された、アイドル育成シミュレーションゲームを原作とするアニメ。オーディションに合格した亜紀、さおり、久美の3人が、大勢いるライバルたちと競い合いながら、トップアイドルへと成長していく姿を描いている。【スタッフ&キャスト】原作:HEADROOM 監督:望月智充 脚本:坂本郷 キャラクターデザイン・作画監督:田中比呂人 出演(声):冨永みーな/笠原弘子/かないみか/椎名へきる
  • プラスチックリトル

    人気コミック作家・うるし原智志とよしもときんじが原作の、遥か彼方の惑星が舞台となるSFスペクタクルロマン。軍から追われるイリーズとティータ、彼女ら2人の愛と友情と冒険を描いている。【スタッフ&キャスト】監督・原作・絵コンテ:よしもときんじ 原作・演出・キャラクターデザイナー・作画監督:うるし原智志 音楽:寺島民哉 出演(声):渕崎ゆり子/椎名へきる/若本規夫/山口勝平

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 8/4

ダニエル・デイ・キム(1968)

ラーヤと龍の王国

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

ヘルボーイ(2019)

ギレルモ・デル・トロが二度映画化した人気アメコミを、原作者マイク・ミニョーラ製作総指揮の下、再映画化。超常現象調査防衛局の最強エージェント、ヘルボーイは、人類に復讐を誓う魔女ニムエに戦いを挑むが、ニムエの魔力により、世界滅亡の危機が訪れる。特殊メイクを駆使して主人公ヘルボーイに扮したのは、Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目のデヴィッド・ハーバー。共演は「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のミラ・ジョヴォヴィッチ、「ジョン・ウィック:チャプター2」のイアン・マクシェーン。監督を務めたのは、「ディセント」のニール・マーシャル。
檀れい(1971)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

累 かさね

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

NEW今日命日の映画人 8/4

該当する人物がいません