アントニーとクレオパトラ

あんとにーとくれおぱとら Antony & Cleopatra
上映日
1972年3月18日

製作国
アメリカ

上映時間
170分

ジャンル
歴史劇 ドラマ

ここが見どころ

ウィリアム・シェイクスピアの名作『アントニーとクレオパトラ』をチャールトン・ヘストンが監督・脚本・主演した作品で、アントニーとクレオパトラとの結ばれぬ恋をクライマックスに、アクテューム大海戦、アレクサンドリア大激突戦を中心に描いた叙事詩。製作は「ジュリアス・シーザー(1969)」のピーター・スネル、撮影はラファエル・パチェコ、美術はホセ・アルグエロ、ホセ・マリア・アラルコン、衣裳はウェンディ・ディクソン、音楽はジョン・スコット、編集をエリック・ボイド・パーキンスが担当。“クレオパトラ”には南アフリカ生まれで英国ロイヤル・シェークスピア劇団の新人女優ヒルデガード・ニールを抜擢、共演は「ローマ帝国の滅亡」のエリック・ポーター、「冬のライオン」のジョン・キャッスル、「フレンチ・コネクション」のフェルナンド・レイ、ジュアン・ルイス・ギャリアルド、カルメン・セヴィラなど。
映画館で見る
配信で見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「アントニーとクレオパトラ」のストーリー

<栄光と繁栄のローマ共和制>を築き上げた、偉大な英雄ジュリアス・シーザーが暗殺されて4年、大ローマ帝国にもしばらくの小康が保たれていたが、そろそろ内乱の兆しが見え始めていた。シーザーの寵愛を受け、シーザーの甥オクタビアス(ジョン・キャッスル)とレピドゥス(フェルナンド・レイ)らとともにローマ帝国を統治していた武人マーク・アントニー(チャールトン・ヘストン)は、いま北アフリカにおり、エジプト女王クレオパトラ(ヒルデガード・ニール)との熱い恋に陥っていた。彼は部下の信望厚く、その長けた統治力であまねく北アフリカをおさえていたが、本国イタリア各地では、内乱の兆しが見え始めていた。ローマではアントニーの妻ファルビアと弟ルーシアがオクタビアスに戦いを挑み、不運にも破れたとの報がアントニーのもとに届いた。更に、台頭してきたポンペイの巨軍がローマに迫るとアントニーは急きょローマに戻り、ポンペイ軍制圧のために妻が殺害された恨みを抑え、オクタビアスの姉オクタビア(カルメン・セヴィラ)と婚姻、3人の執政官の強固な結束を生んでポンペイ軍を壊滅した。平安を取り戻したローマ帝国を後に、アントニーがオクタビアの手を振り切って、クレオパトラのもとに走ると、オクタビアスは、このアントニーの一族に対する侮蔑と背徳行為に激怒し2人の住むアレキサンドリアへと巨万の兵を送り込んだ。“アクテューム大海戦”はアントニーの完全なる敗北に終わった。戦いに敗れ苦悩するアントニーの心を癒してくれたのは、クレオパトラのやさしい愛だった。勢いに乗ったオクタビアスは、クレオパトラに使者をつかわし、アントニー引き渡しを要求した。クレオパトラは愛するアントニーのため申し出を承知したが、この屈辱に武人アントニーは使者をムチ打って追い返し、敢然と戦いを挑んだ。“アレキサンドリア大激突戦”は凄絶をきわめたが、圧倒的な軍勢を誇るオクタビアス軍が勝利を納め、敗れたアントニーはこの戦いのすべての敗因はクレオパトラの裏切りにあると、いまにも彼女を殺さんばかりに激怒する。恐れをなしたクレオパトラはアントニーの気を沈めるために、砂漠に眠る秘密の廟に身を隠した。ある日、クレオパトラはアントニーの愛を確かめるため、彼の怒りに苦悩すあまり自らの命を絶ったとの偽の知らせをアントニーのもとに届けた。アントニーはこの知らせに深く悲しみ絶望に打ちひしがれ、剣の上に身を伏せ、彼女の腕の中で死ねるように衛兵に命じて、クレオパトラの秘密の廟に運ばせた。運ばれてきた瀕死のアントニーに、クレオパトラは悲しみの涙で頬を振るわせて、2人の思いの齟齬と運命の非情さを嘆き悲しみ、毒蛇を胸にあてがって、アントニーの傍らに横たわると静かに息絶えた。ここに2人の悲劇が厳粛に幕を閉じたのである。

「アントニーとクレオパトラ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アントニーとクレオパトラ」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年3月18日
上映時間 170分
製作会社 ピーター・スネル・プロ作品
配給 松竹映配
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「アントニーとクレオパトラ」のみんなのレビュー

「アントニーとクレオパトラ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ