悪魔の島

あくまのしま
上映日
1956年3月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

「最後の砦」のパイン・トマスが製作した、中米の港町を背景とするスリラー活劇。ジャック・レオナードとマーティン・M・ゴールドスミスの原作をマックスウェル・シェインが脚色し、「アリバイなき男」のフィル・カールソンが監督した。撮影は「白昼の対決」のライオネル・リンドン、音楽はアーヴィン・タルボット。主な出演者は「デンヴァーの狼」のジョン・ペイン、「必死の逃亡者」のメアリー・マーフィー、「腰抜けモロッコ騒動」のフランシス・L・サリヴァン、「遥かなる地平線」のエドゥアルド・ノリエガ、「豪傑カサノヴァ」のアーノルド・モス、プロ・レス前世界選手権保持者サンダー・ザボーなど。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「悪魔の島」のストーリー

マイク・コーマック(ジョン・ペイン)はロサンゼルスの地方検事補をつとめていたが、許嫁のジャネット(メアリー・マーフィー)が飛行士エドゥアルド(P・ピシェルニ)と駈け落してから酒に身を持ちくずし、ついに地方検事補の職をなげうたなければならなくなり、ラス・ヴェガスの賭博場の用心棒になって働いていた。ある日、バーズランド(フランシス・L・サリヴァン)というやくざの親分がマイクをたずねてきて、中米の港町ポルト・ロザリオに宝石の行方を探りに行く仕事をたのんだ。バーズランドは足が不自由で、ローレンス(ウォルター・リード)という屈強の用心棒をしたがえていた。バーズランドがマイクに頼んだ仕事は、中米から密輸の途中に飛行機の墜落で行方不明になったルビーを探しに行くことだった。飛行機が落ちたのはルビーをねらっていた者の策略で、飛行士の1人が死に、ルビーは盗まれたのだった。マイクは落ちた飛行機がエドゥアルドの機であると聞いて仕事を引き受けた。エドゥアルドがポルト・ロザリオで密輸の商売をしているなら、ジャネットに会えると思ったからだった。ポルト・ロザリオに現れたマイクに最初に眼をつけたのは警察のピナ部長(エドゥアルド・ノリエガ)だった。ピナもルビーの行方を探していた。マイクはまずジャネットをたづねた。ジャネットは冷たい態度を示したが、マイクがまだ自分を愛していることを知ると、エドゥアルドを愛していないと告白した。エドゥアルドは殺人の罪に問われ島の監獄につながれていた。マイクは、墜落した飛行機の整備にあたったメキシコ人カルロスをたずねて当時の模様を聞こうとしたが、カルロスは何者かに闘鶏場で殺された。骨董商のアーマンド(アーノルド・モス)も事件に関係があるように思われたが何も探り出すことができなかった。ジャネットの家に引返すと家にはジャネットの姿はなく、ジャネットの忠実なボーイのミグエルが殺されていた。そこへバーズランドが大男のトービングをつれて現われ、マイクを倒して秘密のかくれ家へおしこめた。バーズランドはマイクが裏切ったものと思いポルト・ロザリオへ後を追ってきたのだった。意識を回復したマイクはトービングを倒して隠れ家を抜け出すと、ジャネットとアーマンドの3人で秘かに監獄の島へ向かった。マイクは2人をボートに残して監獄に忍びこみ、エドゥアルドを脱獄させようとしたが、彼は外へ出ては命が危いと言って動こうとしなかった。そのころアーマンドはジャネットに殺されていた。マイクは始めてすべてを知った。ジャネットの仕業だったのだ。彼女はルビーとエドゥアルドの生命保険を目的に飛行機の墜落を計画し、またミグエルを殺したのもジャネットだった。アーマンドはその相棒でジャネットの計画ではマイクにエドゥアルドの脱獄を手伝わせ、2人とも殺させるつもりだった。マイクは島からもどってジャネットを責めてルビーを取り上げた。バーズランドはローレンスとともにマイクからルビーを奪おうと企て、争いとなってバーズランドは命を落し、ジャネットとローレンスはピナ警察部長に捕えられた。

「悪魔の島」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「悪魔の島」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年3月3日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「悪魔の島」のみんなのレビュー

「悪魔の島」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ