おかしなおかしな大泥棒

おかしなおかしなおおどろぼう The Thief Who Came to Dinner
上映日
1973年4月21日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
コメディ ドラマ

ここが見どころ

高度に発達した文明のヒズミから飛び出した若者が、あふれる反抗心と明晰な頭脳で泥棒稼業を始める、というコメディー。製作・監督はバッド・ヨーキン、テレンス・L・スミスの原作を「ゲッタウエイ」のウォルター・ヒルが脚色、撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽はヘンリー・マンシーニ、編集はジョン・C・ホーガーが各々担当。出演はライアン・オニール、ジャクリーン・ビセット、ウォーレン・オーツ、ジル・クレイバーグ、チャールズ・チオッフィ、ネッド・ビーティ、オースティン・ペンドルトン、グレゴリー・シェラ、マイケル・マーフィー、ジョン・ヒラーマン、アラン・オッペンハイマーなど。
映画館で見る
配信で見る
Blu-ray&DVDで見る
TVで見る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「おかしなおかしな大泥棒」のストーリー

ヒューストンにあるコンピューター・センターをクビになったウェブスター・マッキー(ライアン・オニール)は何を思ったのか突如、泥棒になる決心をした。まず独学で泥棒になるために必要な秘術を習得し、故買屋(ネッド・ビーティ)を見つけだした彼は、初仕事として、実業家ヘンダリング(チャールズ・チオッフィ)の家に狙いをつけた。仕事は難なく成功し、宝石を手に入れた上に彼の弱みまで握ることができた。気をよくした彼は、この壮挙の記念をして襲った金庫にチェス・ゲームの駒と、その駒の動きを示すメモを残してくるほどの余裕をみせた。次にウェブスターは、ヘンダリングを脅迫して素晴らしい宝石の所有者たちを紹介させた。ある日、彼は元社交界の名花ローラ(ジャクリーン・ビセット)と知り合い、2人は協力して仕事をすることにした。それからというもの、狙った獲物は必ずいただき、連戦連勝。やがて世間から“チェス泥棒”と呼ばれ、注目を集めるようになった。その頃、次々に大きな宝石を奪っていく“チェス泥棒”をやっきになって捜査していた保険会社の調査員デイブ(ウォーレン・オーツ)はようやく2人をつきとめたが、その確証は掴めなかった。それどころか、ウエブスターとデイブは親近感さえ抱き合うようになった。その頃ウエブスターは、大物中の大物、自然博物館に展示されてある350カラットのモキノー・ダイヤを狙っていた。持っている知能と技術を結集し、湖のほとりに借りた家で、すべての準備を完了させると、牧師の衣装を身につけ、出発した。またまた大成功、と思ったが今度はそうはいかなかった。ダイヤは手にいれたものの、警備員に肩を撃たれ館内に閉じ込められてしまったのだ。シャッターを破って辛うじて脱出した彼は、近づいてくるパトカーを尻目に湖へ。湖からローラの操縦する水上飛行機で大西洋に待ちうける故買屋の船へと飛び、反転してヒューストンへと、予定通り仕事を完了させた。翌朝、ウエブスターとローラは勝ち誇ったようなデイブの訪問をうけた。彼は肩に傷をうけたウエブスターがウンウンうなっているはずだと確信していたのだ。だが彼はトレーニング・スタイルで走り回っているではないか。この納得できない光景を眼の当たりにしては引き返さざるを得ない。しかし、ウエブスターもデイブが去ると力つきて気を失った。今や順風満帆のウェブスターは、とあるウインドの中の金と銀のチェス・セットがほしくなった。早速、その晩、参上したが、そこで待ちうけていたのはデイブだった。万事休す。しかし、逃げるウエブスターをデイブは捕らえようとはしなかった。会社をクビになった彼は、自分もウエブスターのように楽しく、新しい人生をやり直そうと思っていたのだ。

「おかしなおかしな大泥棒」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おかしなおかしな大泥棒」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1973年4月21日
上映時間 105分
製作会社 バッド・ヨーキン=ローマン・レアプロ作品
配給 ワーナー映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「おかしなおかしな大泥棒」のみんなのレビュー

「おかしなおかしな大泥棒」のレビューを書く

「おかしなおかしな大泥棒」を観ているあなたにおすすめの映画




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

注目記事

注目 2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 無料配信

「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」発表&表彰式 2月2日無料ライブ配信決定!! この度、2022年2月2日(水)19時より、キネマ旬報公式YouTubeチャンネルにて「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン発表&表彰式」のライブ配信を行う事が決定致しました。 前年に日本で公開された映画の中から、厳選なるのべ120名以上の選考者の投票により、中立公平に選出された、その年に称賛すべき作品、映画人を表彰する「キネマ旬報ベスト・テン」。1924年に創設され、途中戦争による中断が2年あったものの、世界的にも非常に長い歴史を持つ映画賞であり、今回で95回目の開催となります。 2022年2月2日(水)19時~ 全16賞を一挙発表! 各受賞者へトロフィ授与する表彰式の模様をBunkamuraオーチャードホールよりライブ配信いたします! 【概要】 「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」 ■日時:2022年2月2日(水)19:00〜  ■視聴方法:↓キネマ旬報公式youtubeチャンネルにて(事前に「チャンネル登録」をお願いします) https://www.youtube.com/watch?v=z4yoXBcWbJ0 ■「2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン」全16賞 第1位(日本映画作品賞)、第1位(外国映画作品賞)、第1位(文化映画作品賞)、日本映画監督賞、日本映画脚本賞、外国映画監督賞、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞、新人女優賞、新人男優賞、読者賞、読者選出日本映画監督賞、読者選出外国映画監督賞、特別賞 ※ベスト・テン表彰式の前に「映画感想文コンクール2021」の表彰も行います 選考者による投票結果など、2位以下を含めた全賞の詳しい結果につきましては、2022年2月4日(金)発売の「キネマ旬報2月下旬ベスト・テン発表号」に掲載いたします。こちらよりお求めください。 ●主催:キネマ旬報社 ●ICTパートナー:NTT東日本 ●会場協力:Bunkamura   【キネマ旬報ベスト・テンとは】 『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊し、現在まで続いている映画雑誌として、世界一の歴史を誇ります。最初に、キネマ旬報ベスト・テンを行ったのは、1924年度(大正13年)。当初は、編集同人のみによる投票で、〈芸術的に最も優れた映画〉〈娯楽的に最も優れた映画〉の2部門(外国映画部門のみ)でしたが、1926年(大正15年)、日本映画の水準が上がったのを機に、現在と同様〈日本映画〉〈外国映画〉の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正年間から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2021年度のベスト・テンで95回を数えます。 「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴 ■世界的にみても、非常に長い歴史を持つ映画賞(今回で95回を数える。ちなみに、アメリカのアカデミー賞は2022年で第94回となる)であること。 ■ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」を10本、さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、それぞれの10本を挙げるほか、「日本映画監督賞」「外国映画監督賞」「日本映画脚本賞」「日本映画主演女優賞」「日本映画主演男優賞」「日本映画助演女優賞」「日本映画助演男優賞」「日本映画新人女優賞」「日本映画新人男優賞」「読者選出日本映画監督賞」「読者選出外国映画監督賞」「キネマ旬報読者賞」と、その年の称賛すべき作品・映画人を多面的に選び出していること。 ■ベスト・テン及び各賞の選考者は、映画を多く見ている者に厳しく限定され、しかも選考者数が多く(2021年度はのべ120名以上)、さらにその年齢・所属の幅(映画評論家、ジャーナリストなど)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けていること。 ■特別賞に関して 『キネマ旬報』は2019年に創刊100周年を迎え、1世紀にもわたり続けてこられたのは、多くの映画と映画関係者、何よりも映画ファンに支えられてきたからこそと確信しております。 そこで、100周年を迎えた2018年度より、改めて特別賞を設け、より、多くの映画人の業績を讃え、先達への敬意と感謝の意を表すべく、「キネマ旬報ベスト・テン 特別賞」を設けました。 (※過去にも2度、「特別賞」という名称での授賞がございましたが、本賞は創刊100周年を機に制定した新たな賞と位置づけております) ■文化映画に関して 「社会、文化、科学、芸術、教育といった教養的な視点から国内で制作された映像作品で、ドキュメンタリー映画や短編など、幅広いジャンルを取り扱っています。一般劇場公開はされてはいない、公民館やホール等で上映された作品も対象です」 [adchord]

注目 2021年 第95回「キネマ旬報ベスト・テン」第1位作品&個人賞発表!

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位作品&個人賞発表! 日本映画作品賞(日本映画ベスト・テン第1位) 「ドライブ・マイ・カー」   外国映画作品賞(外国映画ベスト・テン第1位) 「ノマドランド」   文化映画作品賞(文化映画ベスト・テン第1位) 「水俣曼荼羅」   【個人賞】 日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」 により   日本映画脚本賞 濱口 竜介 大江 崇允 「ドライブ・マイ・カー」により   外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」「エターナルズ」により   主演女優賞 尾野 真千子 「茜色に焼かれる」 「ヤクザと家族 The Family」により   主演男優賞 役所 広司 「すばらしき世界」により   助演女優賞 三浦 透子 「ドライブ・マイ・カー」 「スパゲティコード・ラブ」により   助演男優賞 鈴木 亮平 「孤狼の血 LEVEL2」「燃えよ剣」「土竜の唄 FINAL」により   新人女優賞 河合 優実 「由宇子の天秤」「サマーフィルムにのって」「偽りのないhappy end」により   新人男優賞 和田 庵 「茜色に焼かれる」 により   読者選出日本映画監督賞 濱口 竜介 「ドライブ・マイ・カー」 により   読者選出外国映画監督賞 クロエ・ジャオ 「ノマドランド」により   読者賞 立川 志らく 連載「立川志らくのシネマ徒然草」により   特別賞 佐藤 忠男 70年以上の評論活動を通して日本の映画文化の発展に貢献をされた功績に対して   キネマ旬報ベスト・テン第2位以降の作品ランキングは、2月4日(金)発売『キネマ旬報2022年2月下旬ベスト・テン発表特別号』に掲載しております。 ご購入はコチラ