「カゾクデッサン」のストーリー

今は恋人(瀧内公美)のバーで働いている元ヤクザの剛太(水橋研二)のところに、元妻の息子・光貴(大友一生)が現れる。光貴から、母が交通事故に遭って意識が戻らないので声をかけてほしいと言われ、剛太は声をかけるが意識は戻らない。剛太は過去への思いにとらわれ、まだ心の傷は癒えていなかった。剛太のことを快く思っていない光貴の父は、二度と会わないよう息子に言い聞かせる。しかし、剛太に魅力を感じ始めていた光貴は、翌日、父と些細なことで喧嘩をして、そのことが引き金となって自分の出生の秘密を知ってしまう。動揺し、ふとしたきっかけから友人を殴った光貴は、暴力の魅力に取り憑かれる……。