「マローボーン家の掟」のストーリー

1960年代末、アメリカ・メイン州。片田舎の古めかしい屋敷にマローボーン家の4兄妹が越してくる。責任感の強い長男ジャック(ジョージ・マッケイ)、家族思いの長女ジェーン(ミア・ゴス)、短気な次男ビリー(チャーリー・ヒートン)、天真爛漫な末っ子サム(マシュー・スタッグ)の4人が祖国イギリスでの悲惨な過去を捨て、新しい人生を踏み出そうとした矢先、母ローズ(ニコラ・ハリソン)が病でこの世を去る。すると間もなく、凶悪殺人鬼の父(トム・フィッシャー)が脱獄し、イギリスから彼らを追ってくる。ジャックは父に敢然と立ち向かう。6ヶ月後。ジャックが父を殺害したことで静かな日常を取り戻していたが、不気味な物音、天井の異様な染み、兄妹以外の気配など、この屋敷は何かがおかしかった。不安げな弟妹たちを案じたジャックは、「成人になるまでは屋敷を離れてはならない」「鏡を覗いてはならない」「屋根裏部屋に近づいてはならない」「血で汚された箱に触れてはならない」「“何か”に見つかったら砦に避難しなくてはならない」という掟を守らせる。親代わりの重圧を担うジャックの心のよりどころは、地元の美しい少女アリー(アニャ・テイラー=ジョイ)だった。アリーの勤める図書館でお互いの想いを確かめ合ったジャックは、そこで弁護士ポーター(カイル・ソラー)から思いがけないことを告げられる。マローボーン家が屋敷を正式に相続するために、ローズの署名と手数料200ドルが必要だった。母が死んだことを隠し、生活資金も残りわずかなジャックは弟妹と相談し、ジェーンが母の筆跡を真似て書類にサインし、父が犯罪で稼いだ“箱”の中の大金に手をつけることに。「血で汚された箱に触れてはならない」という掟に背いた直後から、兄妹は悪夢のような事態に見舞われていく。ジャックがこの屋敷で暮らし始めてから綴った絵日記を見たアリーは、そこに記されていた真実に息を飲む。マローボーン家の屋根裏部屋にうごめく“あいつ”の正体とは……。