「ウガンダ」のストーリー

カンサス生れのオサとマーティン・ジョンソンは、17年前に結婚した。そして直ちに1台のカメラを持って南海の探検撮影に出発した。この旅行は2年の歳月を費し、番人や人食人種を初めてフィルムに記録した。ボルネオでマーティンが熱病にかかったので帰米した。その時有名な探検家カール・エークリーからアフリカへ行くことを勧められる。最初にアフリカへ行ったのは1927年であった。夫婦は様々の危険に面しつつ、猛獣その他の貴重な撮影を続けた。彼らの旅行は長年にわたって幾度も執行され、ある時は徒歩で、ある時はラクダの背にまたがって、またある時は自動車を用いた。多くの珍しい動物の生態実写や、爽快にして危険な猛獣狩や、ピグミー人の集落や、未だ文明社会に紹介されたことのない原住民たちの風習がフィルムに記録された。1937年には、ついに夫妻はアフリカの空に飛行機を飛ばした。この探検旅行は地上からは近づくことを許されなかった土地を征服した。一杯の紅におおわれたナクルの湖、熱帯にありながら頭上には雪を被ったケニアの高峰が空から撮影された。動物の群集生活の野生状態も、空からは自由に撮影することが出来た。この旅行は非常な成功を以て終り、ジョンソン夫妻は世の賞讃を浴びつつ、帰国したが、2人は決してそれけでは満足しなかった。夫妻が10年前に初めて2人で探検を試みたボルネオの熱帯で雨の多いジャングル。この地だけがマーティンの病気のために探検を完成せずして帰国の止むなきに至ったのである。2人は準備を整のえて北ボルネオへ向った。そして珍しい飛び蛇や、あらゆる種類にわたる猿や、最後にオランウータンをフィルムに収めた。かくて初志を貫徹した2人は、このフィルムを持って帰国の途についたのであるが、帰途マーティンは飛行機事故によって一命を失った。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。