「ジャグラー ニューヨーク25時」のストーリー

ニューヨークの朝。元警官でトラック運転手のジョン・ボイド(ジェイムス・ブローリン)は、夜勤を終え、アパートに帰った。妻と別れ、娘のキャシー(アビー・ブルーストーン)と2人暮しの彼は、その日誕生日のキャシーにバレエの切符をプレゼントすると、彼女を学校まで送っていった。その頃、ガス・ソルティック(クリフ・ゴーマン)は、ある金持ちの不動産屋の娘を誘拐して身代金をせしめようと、盗んだ車で待っていた。しかし、彼は勘違いしてまちがって、ボイドの娘キャシーを車に引きずり込んでしまった。キャシーの悲鳴を聞いたボイドは、必死で彼を追った。しかし、街の中を疾走する車に異常を感じる人は誰もいなかった。誘拐された娘を死にものぐるいで追跡するボイドだったが、横転したステーション・ワゴンの余波で、無念にも病院へ収容されるハメになってしまった。午前10時、サウス・ブロンクスの荒れ果てた自分のアパートに戻ったソルティックはキャシーを不動産屋の娘だと信じこみ、隙を見て逃げ出そうとする彼女に、見せしめとして黒人の酔いどれをあっさりと殺すのだった。正午、娘の誘拐の件でトネリ警視(リチャード・カステラーノ)と会ったボイドは、そんな報告は受けていないという冷たい返事を受ける。一方、別れた妻バーバラ(リンダ・G・ミラー)は、コネティカットからかけつけ、ボイドをなじった。ソルティックは、そのころ、不動産屋に電話をかけ、身代金100万ドルの引き渡し場所を今晩9時、セントラル・パークのコンサート会場の裏にある機械室と指定した。午後3時、手がかりを求めてポルノ・スタジオに行ったボイドは、犯人が落とした飼い犬の鑑札を元に動物登録所へと急いだ。午後10時、動物登録所で、女性所員のマリア(ジュリー・カーメン)の協力でソルティックの住所をつきとめたボイドは、元同僚で彼にうらみをもつバーンズ巡査部長(ダン・ヘダヤ)の邪魔をうけるが、うまくかわしてマリアと共にソルティックの住むサウス・ブロンクスに向った。ソルティックのアパートに踏みこんだ2人はチンピラの妨害にあい、再びキャシーを見失ったが、行き先はセントラル・パークしかないとにらんだ。午後9時、セントラル・パークでは、コンサートが予定されており、群衆が集まっていた。地下水道に逃げこんだソルティックは、しかし執拗なボイドの追跡と警察隊の前に遂に屈するのだった。



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/21

永田雅一(1906)

地獄門 デジタル復元版

第7回カンヌ国際映画祭グランプリ、第27回アカデミー賞最優秀外国語映画賞、衣装デザイン賞を受賞した大映の第一回天然色映画「地獄門」のデジタル復元版。撮影助手として本作に関わった森田富士郎氏の監修の元、オリジナル・ネガより三色分解したマスター・ポジなどを素材に当時の色彩を復元している。東京国立近代美術館・フィルムセンターと角川映画の共同事業。2011年5月2日NHK・BSプレミアムで放映。2012年4月28日、東京・京橋フィルムセンターにて特別上映。

日蓮

古代王朝から新興武士へと政権が移りつつあった承久四年(一二二二年)に生まれた日蓮の、言語を絶する迫害をはねのけての布教活動の生涯を描く。原作は川口松太郎、脚本監督は、「遺書 白い少女」の中村登、撮影は「俺は田舎のプレスリー」の竹村博がそれぞれ担当している。
神尾楓珠(1999)

親密な他人

彼女が好きなものは

浅原ナオトの小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』を映画化。ゲイであることを隠しながら高校生活を送る安藤純と、BL好きを隠しているクラスメイトの三浦紗枝。書店で鉢合わせたことから急接近する2人だったが、ある日、純は紗枝から告白され……。出演は「私がモテてどうすんだ」の神尾楓珠、「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈。監督は「にがくてあまい」の草野翔吾。

NEW今日命日の映画人 1/21

セシル・B・デミル(1959)

クレオパトラ(1934)

セシル・B・デミルが「新世紀」「恐怖の四人」に次いで監督製作した映画で、「喇叭は響く」「恐怖の四人」の脚色者バートレット・コーマックが史実に取材して組立てた物語で「路傍」「夜毎来る女」のヴィンセント・ローレンスと「坊やはお休み」「暴君ネロ(1932)」のウォルデマー・ヤングが共同脚色したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「或夜の出来事」のクローデット・コルベールが勤め、「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアム、英国劇壇から招聘されたヘンリー・ウィルコクスンが共演するほか、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウト「クリスチナ女王」のアイアン・キース及びC・オーブリー・スミス、「妾は天使じゃない」のアーヴィング・ピチェル等が助演している。撮影は「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーの担当である。

十戒(1957)

1923年、今回と同様セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、イーニアス・マッケンジー、ジェン・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、「胸に輝く星」のロイヤル・グリグスが撮影監督をつとめた。特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンは1957年度アカデミー賞を受賞した。音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「三人のあらくれ者」のチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、「追想」のユル・ブリンナー、「地獄の埠頭」のエドワード・G・ロビンソン、「勇者カイヤム」のデブラ・パジェット、そのほか「裸の天使」のジョン・デレク、「重役室」のニナ・フォック、「南部の反逆者」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「放浪の王者(1956)」のサー・セドリック・ハードウィック、「サヨナラ」のマーサ・スコット。231分版もあり。