「結婚設計図」のストーリー

1927年頃クリス・タイラーは週給わずかに25ドルの新聞記者であ ったが、恋人の女学生シセリィと結婚した。クリスの親友トミーはシセリィを思っていたが、友のために二人の結婚を祝し、家庭の経済を助けるため、また一つには彼女の素質を知ってシセリィをある劇団に紹介した。クリスの給料よりもシセリィが舞台で稼ぐ金の方が多かった。こんなことからクリスは多少あせり気味となり、新聞社の欧州派遣員となって出張することになったが、強いてシセリィを伴おうともせず、新妻を舞台に残したままで出発した。シセリィが愛児を生んだ頃、クリスは社の許可も得ず彼女に会うため帰米したので解雇されてしまう。彼等の生活はだんだん苦しくなり、映画事業に係わっているトミイは再びシセリィを他の劇団に紹介し、彼女の人気は日々に高まっていった。しかし、夫婦の間にはだんだん溝が深くなっていくばかりだった。失意の夫を励ますために、シセリィは彼を再び新聞社に入社せしめ、クリスは極東方面の派遣員となった。結婚以来二人の生活は離れ離れで、クリスが職務に戦い疲れていく間に、シセリィは次第次第に花形女優となり欧米の舞台にその名声をうたわれるようになった。空虚な別居生活を送っているシセリィにトミイは長い間秘めていた彼の心を打ち明けた。シセリィもトミイの優しい情愛に心を惹かれるのであったが、その頃クリスも結婚の失敗を知って離婚しようと決心した。けれども間もなく、シセリィはクリスが重い病の床にあることを知って欧州へ渡った。久しぶりで夫婦はジュネーヴのホテルで顔を見合わせた。余命長からぬを知ったクリスは妻にトミイと結婚するように言った。しかし今シセリィは自分なくしてはクリスの命は助からぬと思うのだった。彼女は二人の以前の愛情を取り戻して夫の看護に心を込め、そして再び夫婦生活を始めようと心に誓った。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません