「駆逐艦ベッドフォード作戦」のストーリー

駆逐艦ベッドフォード号に2人の男が乗艦した。特派記者マンスフォード(シドニー・ポワチエ)とポッター海軍軍医少尉(マーティン・バルサム)である。艦長フィンランダー海軍大佐(リチャード・ウィドマーク)の冷い容貌には、自説を曲げない強固さと、何ものをも恐れぬ気迫、完全を要求する厳しさが刻まれていた。ベッドフォードの任務は、NATOの防衛の一翼をにない、アメリカの外国防衛ラインへ侵入を試みるソ連潜水艦をキャッチするために、グリーンランド海峡を定期的にパトロールしているのだった。ベッドフォードには第二次大戦で勇名をはせたドイツ潜水艦Uボートの司令官シュレプケが乗っていた。その頃、海上に廃棄されていた塵芥を分析していた化学室から報告があり、ソ連潜水艦が近くにいることがわかった。全員配置が命令され、戦闘準備は完了した。フィンランダーは艦隊司令部に急報し、指示をあおいだ。その時、潜水艦が潜水を開始し潜水は30時間が限度だ。司令部から「最高決定のないままいかなる行動をも禁じる。待て」とテレタイプが入った。30時間がやってきて過ぎていった。フィンランダーは司令部の命令を秘し、潜水艦に直接警告を発した。その時、前方の水面を割って潜望鏡が現われた。フィンランダーは潜望鏡の上を乗り越せと命令した。潜望鏡がベッドフォードの衝角の下で砕けた。神経を完全にやられたシュレプケに、フィンランダーが激しくいい放った。「もし敵が一発射ったら、こちらも一発お見舞する」と。その時、ミサイル発射装置の前に待機していたラルストンは、艦長の最後の言葉だけを耳にし、訓練を受けた通り、自動的にボタンを押した。すさまじい爆発、次の瞬間、魚雷が4本、ベッドフォードに向かって直進してきた。ミサイルが波を打ったと同時にソ連の潜水艦は魚雷を放ったのだ。万事休す。「もう何もできない、あれは核魚雷だ」とフィンランダーは絶望的に言うのだった。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません