「クール・アズ・アイス」のストーリー

ジョニー(ヴァニラ・アイス)はバイクツーリングの途中、美女キャシー(クリスティン・ミンター)に一目惚れする。彼女には恋人ニック(ジョン・ハイアムズ・ニュートン)がいたが、おかまいなしでジョニーはキャシーを口説いてしまう。全く相手にされないジョニーだったが、ある夜のライブハウスでラップを披露、ついにキャシーのハートを捕える。その頃、キャシーの父ゴードン(マイケル・グロス)は、20年前に巻き込まれた事件で服役していた犯人から嫌がらせを受けていた。ジョニーは、ゴードンに犯人の一味と思われ、キャシーと引き離されてまう。そんな時、キャシーの弟トミー(ヴィクター・ディマティア)が誘拐された。犯人から送られた脅迫テープの背後の音から、ジョニーは監禁場所をつきとめ、仲間とともに郊外の倉庫に向かう。危いところでジョニーとキャシーは弟を無事に救出し、両親のもとに帰ったのだった。