「狂乱船」のストーリー

1850年代のサクラメントは世界中で一等悪い土地で町の人々は自衛団を作って無頼の徒の横行から免れた。ジョン・ジョイスは妹マーサと共にこの町に来て自衛団員のための新聞を編集した。彼はファロー・サムプソンという美しい女に恋したが彼女の父は町で最も悪い所賭博場の親方だった。町の空気を一掃するため悪い人々を全部サンフランシスコの方へ川を下って船で送る計画がなり、賭博場に手が入った時ファローに呼ばれて来ていたジョンも一緒に送られた。サンフランシスコで船上で騒動が持ち上がり多くの人々は上陸したがジョン兄弟とファローは残された。船は汽関の故障で金門湾外に漂流した。ベンという力持ちの火夫が暴れ出し、自ら船長になってしまった。彼がファローに眼をつけ乱暴をはたらかそうとしたのでジョンは皆の加勢で奮闘の末ベンを打ち負かした。折柄サンフランシスコから救助船が近づいた。