馬と呼ばれた男

うまとよばれたおとこ
上映日
1970年4月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

アメリカ・インディアンのスー族と生活をともにしたイギリス貴族の特異な体験を描いた作品。製作はサンディ・ハワード、監督は「キャット・パルー」のエリオット・シルヴァースタイン。「リバティ・バランスを射った男」のドロシー・M・ジョンソンの原作を、アメリカ・インディアンの研究家でもあるジャック・デ・ウィットが脚色。撮影はロバート・ハウザー、美術はフィル・バーバー、音楽は「宇宙大征服」のレナード・ローゼンマンがそれぞれ担当。出演は「キャメロット」のリチャード・ハリス、「おしゃれスパイ危機連発」のコリンナ・ソペイ、イギリス演劇界の名女優ジュディス・アンダーソン、「ハワイ」のマヌ・ツポウ、カナダ演劇界の大者ジャン・ガスコン。他にエドワード・リトル・スカイ、リーナ・マリンなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

「馬と呼ばれた男」のストーリー

貴族の生活に不満を感じたイギリス人のジョン・モーガン(リチャード・ハリス)は、アメリカのダコタ地方に探検狩猟に出かけた。ところがある日、彼は水浴中に、スー族に裸のまま捕えられてしまった。初めて眼にする白人の珍らしさに、彼らはジョンを馬のように、首に縄をかけてつないでおくのだった。首領イエロー・ハンド(マヌ・ツボウ)の母親であるバファロー・カウ・ヘッド(ジュディ・アンダースン)のテントの杭につながれたジョンは、そこで、5年間もスー族に捕えられているバタイズ(ジャン・ガスコン)から、彼らについていろいろ話しを聞かされたのだった。翌日、スー族と敵対する部族の首領ブラック・イーグルが、イエロー・ハンドの妹であるランニング・ディア(コリンナ・ソペイ)に結婚を申し込んできたが、彼女はすげなく断った。その彼女がジョンに気のあることを見てとったバタイズは、彼女と結婚するために必要な事柄を、ジョンに説明してやった。そうしたある日、ジョンは敵部族の偵察者の頭の皮をはぎ、ランニング・ディアに贈った。かねてからジョンに愛を感じていた彼女は、喜んでその贈物を受けとるのだった。妹に結婚の意志があるとみてとったイエロー・ハンドは、ジョンにスー族になるための苦業を要求し、彼はみごとその試練をパスした。こうして2人の結婚が成立し、集落中がその歓びに湧きかえっている時、ブラック・イーグル(エドワード・リトル・スカイ)は、結婚を断られた腹いせに、イエロー・ハンドの妻ソーン・ローズ(リーナ・マリン)を誘拐してしまった。結婚以前にも、彼女を彼に汚されたイエロー・ハンドは、この屈辱を戦闘ではらすことを誓い、死ぬまで戦うことを意味する熊度のベルトをしめた。翌朝未明、2つの部族の争いは開始された。イエロー・ハンドは誓いどおり、死を賭して戦い、死んでいった。また、掠奪者から逃れようとしたランニング・ディアも、馬から落ちて、ジョンの腕の中で息たえた。そしてバタイズも。戦いは終わった。ジョンの指揮で敵は撃退したものの、最愛の息子を失い、最愛の妻を失ったバファロー・カウ・ヘッドとジョンは、お互いをいたわり合うのだった。その後、バファロー・カウ・ヘッドの願いをきき入れ、ジョンは彼女の息子となったが、その彼女も間もなく他界してしまった。やがて部族が移動を開始することになった時、ジョンはイギリスに帰る決心をした。そして彼は、スー族や亡き妻に最後の別れを告げるため、ひとり墓の前にいつまでもたたずんでいた。

「馬と呼ばれた男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「馬と呼ばれた男」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年4月18日
製作会社 C・C・F作品
配給 東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「馬と呼ばれた男」のみんなのレビュー

「馬と呼ばれた男」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。