リップスティック

りっぷすてぃっく
上映日
1976年9月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ 社会派

ここが見どころ

アメリカで社会問題化しているレイプ〈強姦〉をテーマに、抑圧された現代社会に潜む暴力を描く。製作はフレディ・フィールズ、監督は「ラスト・アメリカン・ヒーロー」のラモント・ジョンソン、脚本はデイヴィッド・レイフィール、撮影はビル・バトラー、衣裳はジョディ・リン・ティレン、音楽はミシェル・ポルナレフがそれぞれ担当。出演はマーゴ・ヘミングウェイ、アン・バンクロフト、クリス・サランドン、ペリー・キング,マリエル・ヘミングウェイ、ジョン・ベネット・ペリー、ロビン・ギャメルなど。

「リップスティック」のストーリー

カリフォルニアの静かな入江の波打際、「全米一のセクシュアルなモデル」といわれるトップモデル、クリス・マコーミック(マーゴ・ヘミングウェイ)が、大胆なポーズでカメラの前に立っていた。そんなクリスの仕事に付きそっているのは14歳になる妹のキャシー(マリエル・ヘミングウェイ)である。不慮の事故で両親を失って以来、クリスはキャシーを養育しながら自活しているのだ。この日キャシーはクリスに自分の学校の音楽教師スチュアート(クリス・サランドン)を紹介しようとして、彼をロケ現場に招待した。だが、仕事が忙しいクリスは、スチュアートの作曲した音楽を聞く暇がなかった。後日、自分のマンションに訪ねて来るように約束した。翌日、スチュアートがクリスのマンションを訪ねた。やがて部屋中に彼がテープに録音して持参した電子音楽が異様な音を響かせはじめた。クリスは当惑したが、丁度タイミング良く恋人のフティーブ(ペリー・キング)から電話が入った。クリスはホッとしてベッドルームへ行き甘い愛の言葉を囁き始めた。スチュアートは自分の存在を無視されまいとするかのように音楽のボリュームをあげた。そして、突然、スチュアートが豹変した。彼はクリスの髪をつかむと狂ったように引きづりまわし、真赤な口紅をクリスに塗りたくった。そしてベッドの上に裸のクリスをうつ伏せにして手足を縛りつけ、強姦した。学校から戻ったキャシーが見たのは、ベッドの上でもつれあっている男と女の姿だった。愕然としてその場から離れたキャシーだったが、姉が強姦されたことを知ったのは、スチュアートが事をすませてマンションから出て行った後だった。やがて、一部始終を知った兄マーティン(ジョン・ベネット・ペリー)とスティーヴは、クリスを連れて有能な女性検事カーラ(アン・バンクロフト)の事務所を訪ねた。カーラは、アメリカでは強姦事件の裁判で被害者が勝つ見込みは、僅かに2パーセントだと言うが、クリスは告訴をとり下げなかった。事件は裁判に持ちこまゃた。だが、カーラの予測どおりスチュアート側の弁護士は、不当ともいえる手段でクリスに罪を被せようとし、重要参考人としての幼ないキャシーを巧みに利用して、見事、スチュアートを無罪にしてしまった。クリスの心の傷は深かった。彼女は自分自身を取り戻すために、コロラドに狩猟に行こうと決心し、ハンティング用ライフルを車に積み、最後の仕事をしていた。その頃、撮影の現場を抜け出したキャシーは、同じビルのホールでスチュアートが録音機を操作しているのに出会った。最初は学校にいる時と同じように優しいスチュアートに、誘いこまれるように彼の傍に行ったキャシーだが、危機を感じ逃げ出した。だが、簡単に捕まり、姉と同じように暴行された。やがて、放心状態でクリスのもとに戻ったキャシーは、姉にスチュアートに暴行されたことを告げた。怒りに燃えたクリスは、車に積んであったライフルを取り出すと、車を走り出させたスチュアート目がけて発砲した。車は横転し、血だらけのスチュアートがはい出して来た。クリスはなおも激しく撃ち続けた……。ふたたびクリスは法廷に立っていた。だが今度は無罪を宣告されるのだった。

「リップスティック」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「リップスティック」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1976年9月11日
製作会社 ディーノ・デ・ラウレンディス・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「リップスティック」のみんなのレビュー

「リップスティック」のレビューを書く

「リップスティック」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/3

ダリル・ハンナ(1960)

ブレードランナー ファイナル・カット

近未来のロサンゼルスを舞台に殺人を犯し逃亡するレプリカントとそれを追う捜査官を描いたSF大作「ブレードランナー」の製作25周年を記念し、リドリー・スコット監督が自身の手で2度目の再編集を行った作品。出演は「スター・ウォーズ」「ファイヤー・ウォール」のハリソン・フォード、「ナイト・ホークス」「バットマン ビギンス」のルドガー・ハウアー、「アパッチ」のショーン・ヤングほか。

娼婦たち

世界最古の職業、「娼婦」の実態を、彼女たちへのインタビューやプライベート映像、ドラマなどで構成した作品。スペインでベストセラーとなったイザベル・ピサノの小説『YO PUTA』をベースに、女性監督ルナが映像化した。出演はダリル・ハンナ、デニース・リチャーズ。
ジュリアン・ムーア(1960)

ベル・カント とらわれのアリア

在ペルー日本大使公邸占拠事件から着想を得たアン・パチェットの小説を、「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督が映画化。オペラ歌手のコンサートを催す南米某国副大統領邸をテロリストが占拠。やがてテロリストと人質との間に思わぬ交流が生まれる。高名故に人質として捕らわれる世界的オペラ歌手ロクサーヌ・コスを「アリスのままで」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーアが、実業家のホソカワを「GODZILLA ゴジラ」シリーズの渡辺謙が、通訳のゲンを「自由が丘で」の加瀬亮が演じる。また、グラミー賞を受賞したオペラ界のスター歌手ルネ・フレミングが歌の吹替を担当している。

サバービコン 仮面を被った街

ジョージ・クルーニーが監督を務め、コーエン兄弟の脚本を映画化。新興住宅街サバービコン。ロッジ家に強盗が侵入したことを機に、幼い息子ニッキーの運命は思わぬ方向へと突き進む。一方、新たな住人となった黒人家族の存在が、街の暗い一面を焙り出す……。出演は「ダウンサイズ」のマット・デイモン、「キングスマン:ゴールデン・サークル」のジュリアン・ムーア、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のオスカー・アイザック。

NEW今日命日の映画人 12/3

該当する人物がいません