ザ・バッド・ガイズ

ざばっどがいず THE BAD GUYS:REIGN OF CHAOS
上映日
2021年4月9日

製作国
韓国

上映時間
115分

ジャンル
アクション サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

「悪人伝」のマ・ドンソクが主演した犯罪アクション。護送車が襲撃され多くの凶悪犯罪者が脱走。刑務所に収監中の服役囚たちを集めた極秘プロジェクト・特殊犯罪捜査課が始動し、“伝説の拳”と恐れられるウンチョルらを引き入れ、巨悪に立ち向かっていく。マ・ドンソクは、素手で強敵をなぎ倒すパク・ウンチョルを演じる。他、「ソニはご機嫌ななめ」のキム・サンジュン、「カンナさん大成功です!」のキム・アジュン、ドラマ『キル・イット ~巡り会うふたり~』のチャン・ギヨンらが出演。監督は、「鬼はさまよう」のソン・ヨンホ。

「ザ・バッド・ガイズ」のストーリー

覆面をした武装集団が囚人たちを乗せた護送車を突如襲撃。多くの凶悪犯罪者たちが野に放たれ、行方をくらませてしまう。逃亡した凶悪犯たちを捕まえるため、警察の上層部は元警察官のオ・グタク(キム・サンジュン)に指令を出し、重大な罪により刑務所に収監中の服役囚たちを集めた極秘プロジェクト『特殊犯罪捜査課』を始動させる。オ・グタクは、以前も特殊犯罪捜査課に召集され拳一つでソウルを掌握し、“伝説の拳”と恐れられるパク・ウンチョル(マ・ドンソク)を仲間に引き入れることに。さらに、どこか信用できないが頭は切れる詐欺師のクァク・ノスン(キム・アジュン)、犯人逮捕の際に過失致死に問われた無鉄砲な元警察官のコ・ユソン(チャン・ギヨン)をメンバーに加え、最凶のチームを結成。減刑を条件に、時に協力し合い、時に衝突しながらも凶悪犯たちを追い詰めていく彼らだったが、事件の背後には国家を揺るがす陰謀と謎の組織の暗躍があった……。

「ザ・バッド・ガイズ」の映像

「ザ・バッド・ガイズ」の写真

「ザ・バッド・ガイズ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザ・バッド・ガイズ」のスペック

基本情報
ジャンル アクション サスペンス・ミステリー
製作国 韓国
製作年 2019
公開年月日 2021年4月9日
上映時間 115分
製作会社 CJ Entertainment=Bidangil Pictures
配給 エスピーオー(提供:TIMO Japan=エスピーオー)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
音量 5.1ch
公式サイト https://thebadguys.jp/
コピーライト (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

「ザ・バッド・ガイズ」のみんなのレビュー

「ザ・バッド・ガイズ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。