調査屋マオさんの恋文

ちょうさやまおさんのこいぶみ
上映日
2020年12月19日

製作国
日本

上映時間
78分

ここが見どころ

東京ドキュメンタリー映画祭2019グランプリ受賞作品。企業戦士として戦後を駆け抜けたマオさんと認知症の妻の日常の記録。市場調査の会社を起業したマオさんは、当時の日本には数少なかった調査、企画、計画推進の最前線に身を置くが、家庭が崩壊寸前に。監督は、今作が本格的な劇場公開作となる今井いおり。

「調査屋マオさんの恋文」のストーリー

調査屋マオさんこと佐藤眞生さんは、終戦後、釜山から新潟へ命からがら帰還した。立命館大学を卒業した後、恩師の勧めで、アメリカで市場マーケティングを学び、友人たちと市場調査の会社を起業した。大阪で起業したのち、東京へ進出。千葉に移住し、当時の日本には数少なかった調査、企画、計画推進の最前線に身を置いた。ユニークな仕事として、お菓子メーカー・グリコのオモチャの選定や、アパレルメーカー・ワールドの男性ブランド(ドルチェ)の企画・開発、食品メーカー・キッコーマンのトマトジュースの販売訴求の調査などがある。その調査方法は精通者に質問して教えを乞うという、同業者がやっていなかった独自のアンケートによるものであった。調査には、名インタビュアー、ジェームズ・リプトンの「いい質問には良い答えが入っている」という言葉を胸に挑んでいた。仕事に明け暮れ、家庭は崩壊寸前に。「お父さん、今度いつ帰って来るの?」という息子の一言で、翌日には自分たちで立ち上げた会社を辞めてしまう。千葉県から大阪府茨木市へ移住すると、元々自然が好きだったマオさんは、縄文人の生き方に学び、自給自足の生活を始める。また、大阪で立ち上げた市場調査の会社では、ランチ時に企業同士をマッチングさせるサービスを始める。ユニークなビジネスということもあり、NHKをはじめとするマスコミで取り上げられた。現在は、縄文人の生き方を学ぶ場の塾長を務めるほか、縄文に関する書籍を自費出版するなどの活動を行っている。監督がマオさんと出会ったときは、認知症の妻、縫子さんの言動を記録していた。2019年6月に縫子さんが亡くなったあとは、妻の記録をもとに、認知症の人とその家族が住みやすい社会づくりを模索し続けている。

「調査屋マオさんの恋文」の映像

「調査屋マオさんの恋文」の写真

「調査屋マオさんの恋文」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「調査屋マオさんの恋文」のスペック

基本情報
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020年12月19日
上映時間 78分
製作会社 (企画・制作:ちょもらんま企画)
配給 ちょもらんま企画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
公式サイト https://www.mao-koibumi.com/
コピーライト (C)Imai Iori

「調査屋マオさんの恋文」のみんなのレビュー

「調査屋マオさんの恋文」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。