コンフィデンスマンJP プリンセス編

こんふぃでんすまんじぇーぴーぷりんせすへん
上映日
2020年

製作国
日本

上映時間
124分

ジャンル
コメディ ドラマ

ここが見どころ

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のストーリー

世界有数の大富豪一族・フウ家の当主であるレイモンド・フウ(北大路欣也)が他界。遺産は、10兆円にもなると言われていた。ブリジット(ビビアン・スー)、クリストファー(古川雄大)、アンドリュー(白濱亜嵐)の3姉弟が遺産を巡り火花を散らす中、フウ家を支えてきた執事トニー(柴田恭兵)が相続人を発表。その相続人とは、誰も存在を知ることのなかった隠し子ミシェル・フウだった。ミシェル探しが始まる一方、世界中から詐欺師たちが我こそはミシェルだと騙りランカウイ島に集結。ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もコンゲームを仕掛けようとフウ家に入り込むが、最大の危機が待ち受けていた……。

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の映像

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の写真

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年
上映時間 124分
製作会社 フジテレビジョン=東宝=FNS27社(制作プロダクション:FILM)
配給 東宝
レイティング 一般映画
公式サイト https://confidenceman-movie.com/
コピーライト (C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のみんなのレビュー

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のレビューを書く