ディープロジック

でぃーぷろじっく
上映日
2020年1月18日

製作国
日本

上映時間
121分

ジャンル
アクション サスペンス・ミステリー ドラマ

ここが見どころ

劇団6番シードが「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」の山岸謙太郎監督率いるProjectYamakenと組み、舞台俳優ら総勢280名が出演した犯罪アクション。トウドウはクリュウと出会い惹かれ合うが、それから身の回りで次々と事件や事故が起こり始め……。映画の予告編を模した劇団PVが好評だったことを受け、120分の作品を4分割し、観客に向けた上映会の収益を続編に投じ、制作された。劇団6番シードの俳優のほか、小劇場で活躍する多くの舞台俳優が起用されている。

「ディープロジック」のストーリー

ミュージシャン崩れのフリーター・トウドウ(藤堂瞬)は、ストリートミュージシャンのクリュウ(栗生みな)と出会い、惹かれ合う。しかしそれから身の回りで次々と事件や事故が起こり始め、クリュウを守ろうとするトウドウに危険が迫る。執拗にクリュウを狙う国際テロリスト、テロ事件を追う警視庁公安部、さらには現役総理大臣、総理のスキャンダルを追うゴシップ記者、謎の殺し屋まで現れ、ついに事態は国家非常事態宣言発令にまで発展してしまう。

「ディープロジック」の映像

「ディープロジック」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ディープロジック」のスペック

基本情報
ジャンル アクション サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020年1月18日
上映時間 121分
製作会社 劇団6番シード=ProjectYamaken
配給 ProjectYamaken
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
公式サイト https://www.deeplogic.jp/
コピーライト (C)2019 Project Yamaken & 6BanCEED

「ディープロジック」のみんなのレビュー

「ディープロジック」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「ディープロジック」を観ているあなたにおすすめの映画