仮面病棟

かめんびょうとう
上映日
2020年3月6日

製作国
日本

上映時間
114分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

現役医師・知念実希人によるベストセラーミステリーを「屍人荘の殺人」の木村ひさし監督が映画化。ピエロの仮面をつけた凶悪犯が病院を占拠。当直医を代わった速水と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳は病院からの脱出を試みるが、病院には不可解な点が多く……。事件に巻き込まれた一夜限りの当直医・速水を「そして、生きる」の坂口健太郎が、負傷した女子大生・瞳を「君は月夜に光り輝く」の永野芽郁が演じる。1年前まで実際に運営されていた病院で撮影された。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    須永貴子

    タイトルの“仮面”を担うピエロのヴィジュアル造形と、“中の人”の優れた身体表現が、求心力になっている。ピエロにありがちなエキセントリックな言動を排除し、沈黙と必要最小限の暴力のコンビネーションで場を支配する。正体が判明するときには、“意外性と説得力の共存”という難易度の高いカタルシスを達成。そのピエロの正体と目的を探りながら困難を打破する主人公を演じる、坂口健太郎の熱すぎないアプローチも、“脱出もの”において観客が感情移入する器として大正解。

  • 映画評論家

    山田耕大

    ピエロの仮面の男がコンビニ強盗をし、そこで出くわした女子に銃創を負わせ、彼女を人質にして病院に立てこもる。が、その病院にはおぞましい秘密が……。面白そうな話だが、女子の負った銃創にまず引っかかる。どう見ても切り傷にしか見えない。脚本も書いている原作者が現役の医師なら、それも銃創の一種なんだろうが、素人には納得がいかない。後でそれが臓器移植の手術痕だとわかるが、「ウソっ!?」である。それにしても、立てこもりの病院内の緊迫感のなさは何なんだろうか。

  • 映画評論家

    吉田広明

    病院の謎と、犯人の謎の二系統の謎があるのだが、前者に偏りすぎ。監禁されているわりに主人公らが病院を歩き回るので、監禁の緊迫感が薄れ、流れが一方向に収斂し、単調、病院の謎も割れやすくなっている。犯人の側の謎もバランスよく配置し、犯人の正体、真の狙いを主人公が知り、犯人と協力していくという逆転を後半以降メインとしていけば、映画全体がダイナミックになったのでは。本当に悪い奴も、ほとんど名前のみで抽象性にとどまり、犯人=主人公=観客の情動も高まらず。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年5月21日に投稿
    0

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2020年4月2日に投稿
    97
    • 手に汗握る
    • 怖い

    ネタバレ

「仮面病棟」のストーリー

医師の速水(坂口健太郎)はある病院の当直医を一日限定で代わることに。しかしその病院が仮面をつけた凶悪犯に占拠されてしまう。院長は警察への通報を拒否。速水や凶悪犯に撃たれた女子大生・瞳(永野芽郁)は病院からの脱出を試みるが、鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院で、身元不明の入院患者、あるはずのない最新鋭の手術室、入院記録のない子どもなど、不可解な異変に遭遇していく……。

「仮面病棟」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「仮面病棟」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年3月6日
上映時間 114分
製作会社 映画「仮面病棟」製作委員会 (制作プロダクション:ファイン・エンターテイメント)
配給 ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/kamen-byoto.jp/
コピーライト (C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会

「仮面病棟」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年5月21日に投稿
    0

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2020年4月2日に投稿
    97
    • 手に汗握る
    • 怖い

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「仮面病棟」を観ているあなたにおすすめの映画