i 新聞記者ドキュメント

あいしんぶんきしゃどきゅめんと
上映日
2019年11月15日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
社会派
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

話題作「新聞記者」のプロデューサー、河村光庸が「A」の森達也を監督に迎え、東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本社会の問題点に迫るドキュメンタリー。報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、日本社会が内包する同調圧力や忖度の正体とは?

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    川口敦子

    「i」とあくまで小文字の私を掲げたタイトルの意味を_みしめた。団体行動は苦手と新聞記者望月衣塑子を紹介する監督自身のナレーション、その重みを裏打ちするように、キャリーバッグを携えてひとり、駅構内の階段を上り、街を行く記者の姿を映画は積み重ねる。そうやって、ばかげた政府と首相官邸、そこに蠢くばかげた問題そのものよりも、個としてそこに切り込む望月のスタンスをみつめ、ジャーナリズムの側の“みんな一緒”体質、体制を突く。監督森の時機を捉える才がまた光る。

  • 映画評論家

    佐野享

    同プロデューサーによる『新聞記者』は、制作意図には共鳴しつつ、権力に立ち向かう側の自明性・無謬性にもとづく対立図式のステレオタイプが気になった。さて森達也によるこの作品だが、総理官邸に入れなかった森が官邸に生い茂る竹藪を撮る場面に作り手の基本姿勢があらわれている。対立図式に陥ることを周到に避け、望月記者や彼女が接触する人々、政府、警察、さらに森自身の姿を彼らが置かれた場の周縁からとらえることで、メディアの内と外の様相を一緒くたにあばき出す。

  • 映画評論家

    福間健二

    「当たり前のこと」から出発する望月衣塑子の奮闘ぶりと魅力。彼女がぶつかる安倍政権下のごまかしの数々。菅や麻生を何が許しているのか。構造とそのなかの人間が見えてくる。森監督、まず共感するのは自分の出し方。取材の過程で立ちふさがるものを表現に組み込み、控えめにだがドキュメンタリーの枠も押しひろげている。たとえば籠池夫妻、とくに妻の人間味をとらえた部分とイワシの群れのイメージショットなどが同居する。i=「一人称、私」を核とする問いかけは明快だ。

みんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年7月17日に投稿
    90
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる

    ネタバレとても居心地の良い映画

    とても居心地の良い映画でした。 TVなどメディアに対して、日々感じている居心地の悪さを、この映画ははっきり説明してくれる。日本のジャーナリズムがいかに特異で閉鎖的なのか。 望月衣塑子は、観ているだけで安心する。そうだよな、ジャーナリストって本来こういうものだよねと、居心地の良さを感じるのです。
  • ユーザA

    2020年6月22日に投稿
    0

    ネタバレ

「i 新聞記者ドキュメント」のストーリー

官房長官の記者会見で質問を重ねる東京新聞社会部の記者・望月衣塑子。「同じ質問を何度もするな」と官邸スタッフから咎められた際、彼女は「納得できる答えをいただいていないので繰り返しています」と即答した。望月記者はなぜこれほど目立つのか。周囲と何が違うのか。なぜその言葉が残るのか。なぜ彼女は特異点になってしまうのか。その姿を追う中から、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくる。

「i 新聞記者ドキュメント」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「i 新聞記者ドキュメント」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年11月15日
上映時間 113分
製作会社 (制作:スターサンズ)
配給 スターサンズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ステレオ
公式サイト http://www.i-shimbunkisha.jp/
コピーライト (C)2019『i –新聞記者ドキュメント-』製作委員会

「i 新聞記者ドキュメント」のみんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年7月17日に投稿
    90
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる

    ネタバレとても居心地の良い映画

    とても居心地の良い映画でした。 TVなどメディアに対して、日々感じている居心地の悪さを、この映画ははっきり説明してくれる。日本のジャーナリズムがいかに特異で閉鎖的なのか。 望月衣塑子は、観ているだけで安心する。そうだよな、ジャーナリストって本来こういうものだよねと、居心地の良さを感じるのです。
  • ユーザA

    2020年6月22日に投稿
    0

    ネタバレ

「i 新聞記者ドキュメント」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/7

チャン・ドンゴン(1972)

王宮の夜鬼

「スウィンダラーズ」のヒョンビン×「V.I.P. 修羅の獣たち」のチャン・ドンゴン共演によるアクション史劇。朝鮮時代、謎の疫病が蔓延して生じた夜鬼の群れと戦う王子イ・チョン。一方、国王の側近キム・ジャジュンは夜鬼を利用して国を掌握しようと企んでいた。「リアル」のチョ・ウジン、「アシュラ」のチョン・マンシクが脇を固め、「コンフィデンシャル/共助」のキム・ソンフンがメガホンをとる。

七年の夜

特集『のむコレ2018』にて上映。
長谷川博己(1977)

サムライマラソン

「超高速!参勤交代」の脚本家・土橋章宏による小説『幕末まらそん侍』を豪華スタッフ・キャストで映画化。幕末。迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里の山道を走る大会を開催。そんななか、藩士不在の城に刺客が送り込まれる。出演は「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の佐藤健、「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、「怒り」の森山未來、「きみの鳥はうたえる」の染谷将太、「来る」の青木崇高、「レオン」の竹中直人、「淵に立つ」の筒井真理子、「止められるか、俺たちを」の門脇麦、「海を駆ける」の阿部純子、「リングサイド・ストーリー」の奈緒、「覚悟はいいかそこの女子。」の中川大志、「ワンダーウーマン」のダニー・ヒューストン、「パンク侍、斬られて候」の豊川悦司、「シン・ゴジラ」の長谷川博己。監督は「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ。企画・プロデュースは「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明。脚本は「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の斉藤ひろし、バーナード・ローズ、「喰女 クイメ」の山岸きくみ。音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当。

半世界

「エルネスト」の阪本順治が、地方都市を舞台に39歳の男3人の友情物語を綴る人間ドラマ。紘は妻子とともに、父から受け継いだ山中の炭焼き窯で製炭をして暮らしている。ある日、中学からの旧友で、自衛隊員として海外派遣されていた瑛介が町に帰ってくる。出演は、「クソ野郎と美しき世界」の稲垣吾郎、「シン・ゴジラ」の長谷川博己、「きらきら眼鏡」の池脇千鶴、「泣き虫しょったんの奇跡」の渋川清彦。

NEW今日命日の映画人 3/7

スタンリー・キューブリック(1999)

恐怖と欲望

「非情の罠」以前に製作されたスタンリー・キューブリックの劇場デビュー作。自主制作映画であり、わずかなキャスト&スタッフ、低予算で製作されたにもかかわらず、公開時は批評家などからは好評だったのだ。しかし、キューブリック本人が本作を「アマチュアの仕事」と、プリントをすべて買占め封印してしまったため、長らく劇場で上映する機会がなかった。2013年5月3日よりオーディトリウム渋谷ほかにて、日本初公開された。

アイズ ワイド シャット

ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。脚本は19世紀末の文豪アーサー・シュニッツラーの『Tarumnovelle』を原典にキューブリックとフレデリック・ラフェエルが執筆。製作総指揮はキューブリック作品の常連であるジャン・ハーラン。撮影(クレジットはライティング・キャメラマン)はラリー・スミス。音楽は英国で活動するジョスリン・プーク。美術はレスリー・トムキンズとロイ・ウォーカー。編集はナイジェル・ゴルト。衣裳はマリット・アレン。出演は実生活でも夫婦であるトム・クルーズ(「ザ・エージェント」)とニコール・キッドマン(「プラクティカル・マジック」)、監督でもある「夫たち、妻たち」のシドニー・ポラック、「ツイスター」のトッド・フィールド、「日曜日のピュ」のマリー・リチャードソン、「ディープ・インパクト」のリーリー・ソビエスキー、「恋のレディ&レディ?・」のヴィネッサ・ショーほか。、
小川真司(2015)

宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク全26話の第23話から第26話を再編集した劇場版最終章。イスカンダルに到達し、地球へ帰還するヤマトの旅程を描く。総監督は、「トワノクオン」シリーズの出渕裕。声の出演は、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズの菅生隆之、「ねらわれた学園」の小野大輔。

宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン

SFアニメーション『宇宙戦艦ヤマト』をリメイクした全26話のシリーズを劇場公開。第六章ではガミラス艦隊との決戦を経て、大マゼラン銀河に辿り着くまでの第19話から第22話を上映する。声の出演は『獣電戦隊キョウリュウジャー』の菅生隆之、『進撃の巨人』の小野大輔、「DRAGON BALL Z 神と神」の山寺宏一。

「i 新聞記者ドキュメント」を観ているあなたにおすすめの映画