i 新聞記者ドキュメント

あいしんぶんきしゃどきゅめんと
上映日
2019年11月15日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
社会派
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

話題作「新聞記者」のプロデューサー、河村光庸が「A」の森達也を監督に迎え、東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本社会の問題点に迫るドキュメンタリー。報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、日本社会が内包する同調圧力や忖度の正体とは?

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    川口敦子

    「i」とあくまで小文字の私を掲げたタイトルの意味を_みしめた。団体行動は苦手と新聞記者望月衣塑子を紹介する監督自身のナレーション、その重みを裏打ちするように、キャリーバッグを携えてひとり、駅構内の階段を上り、街を行く記者の姿を映画は積み重ねる。そうやって、ばかげた政府と首相官邸、そこに蠢くばかげた問題そのものよりも、個としてそこに切り込む望月のスタンスをみつめ、ジャーナリズムの側の“みんな一緒”体質、体制を突く。監督森の時機を捉える才がまた光る。

  • 映画評論家

    佐野享

    同プロデューサーによる『新聞記者』は、制作意図には共鳴しつつ、権力に立ち向かう側の自明性・無謬性にもとづく対立図式のステレオタイプが気になった。さて森達也によるこの作品だが、総理官邸に入れなかった森が官邸に生い茂る竹藪を撮る場面に作り手の基本姿勢があらわれている。対立図式に陥ることを周到に避け、望月記者や彼女が接触する人々、政府、警察、さらに森自身の姿を彼らが置かれた場の周縁からとらえることで、メディアの内と外の様相を一緒くたにあばき出す。

  • 映画評論家

    福間健二

    「当たり前のこと」から出発する望月衣塑子の奮闘ぶりと魅力。彼女がぶつかる安倍政権下のごまかしの数々。菅や麻生を何が許しているのか。構造とそのなかの人間が見えてくる。森監督、まず共感するのは自分の出し方。取材の過程で立ちふさがるものを表現に組み込み、控えめにだがドキュメンタリーの枠も押しひろげている。たとえば籠池夫妻、とくに妻の人間味をとらえた部分とイワシの群れのイメージショットなどが同居する。i=「一人称、私」を核とする問いかけは明快だ。

みんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年7月17日に投稿
    90
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる

    ネタバレとても居心地の良い映画

    とても居心地の良い映画でした。 TVなどメディアに対して、日々感じている居心地の悪さを、この映画ははっきり説明してくれる。日本のジャーナリズムがいかに特異で閉鎖的なのか。 望月衣塑子は、観ているだけで安心する。そうだよな、ジャーナリストって本来こういうものだよねと、居心地の良さを感じるのです。
  • ユーザA

    2020年6月22日に投稿
    0

    ネタバレ

「i 新聞記者ドキュメント」のストーリー

官房長官の記者会見で質問を重ねる東京新聞社会部の記者・望月衣塑子。「同じ質問を何度もするな」と官邸スタッフから咎められた際、彼女は「納得できる答えをいただいていないので繰り返しています」と即答した。望月記者はなぜこれほど目立つのか。周囲と何が違うのか。なぜその言葉が残るのか。なぜ彼女は特異点になってしまうのか。その姿を追う中から、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくる。

「i 新聞記者ドキュメント」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「i 新聞記者ドキュメント」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年11月15日
上映時間 113分
製作会社 (制作:スターサンズ)
配給 スターサンズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ステレオ
公式サイト http://www.i-shimbunkisha.jp/
コピーライト (C)2019『i –新聞記者ドキュメント-』製作委員会

「i 新聞記者ドキュメント」のみんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年7月17日に投稿
    90
    • 泣ける
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる

    ネタバレとても居心地の良い映画

    とても居心地の良い映画でした。 TVなどメディアに対して、日々感じている居心地の悪さを、この映画ははっきり説明してくれる。日本のジャーナリズムがいかに特異で閉鎖的なのか。 望月衣塑子は、観ているだけで安心する。そうだよな、ジャーナリストって本来こういうものだよねと、居心地の良さを感じるのです。
  • ユーザA

    2020年6月22日に投稿
    0

    ネタバレ

「i 新聞記者ドキュメント」の多彩なBlu-ray/DVD



「i 新聞記者ドキュメント」を観ているあなたにおすすめの映画