ハルカの陶

はるかのすえ
上映日
2019年11月30日

製作国
日本

上映時間
119分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

第13回岡山芸術文化賞功労賞を受賞した同名漫画をNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で主人公の親友を演じた奈緒の主演で映画化。平凡な日々を過ごすOLのはるかは、デパートの展示でふと目にした備前焼の大皿に強く惹かれ、作者の修に弟子入りを志願する。監督は、香川県琴平町が公開した観光プロモーション短編webムービー『Timeless KOTOHIRA』シリーズを手がけた末次成人。共演は「昼顔」の平山浩行、「男はつらいよ」シリーズの笹野高史ほか。重要無形文化財保持者や備前焼陶友会の全面協力のもと撮影された。2019年10月25日よりイオンシネマ岡山にて先行ロードショー。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    佐野享

    冒頭、東京の風景にモノローグがかぶさり、主人公の心の空虚さが説明される。そして、彼女はギャラリーで目にした備前焼の皿に惹かれ、ガイドブックを片手に備前の郷を訪れる。となれば、この主人公は土地の職人にその浅薄さを指摘され、やがて陶芸の本質を知り、周囲に影響を及ぼしながら地域や伝統に真に帰属しうる存在となっていくであろうことは容易に想像がつく。案の定、その通りに映画は進む。ルックは端正だが、それはどこまでも地方創生映画としての端正さにすぎない。

  • 映画評論家

    福間健二

    備前焼。よいものがあるとは思うが、値段や、伝統を盾にした一部の思いあがりなどに、よい印象を持ってこなかった。で、この作品。人を拒むようにして作陶に打ち込む男とその弟子となった若い女性の話。これほど展開にひねりがないと、文句を言うより潔さとして感心したくもなる。画の作り方は手堅い末次監督、九〇分でやれたのでは。PR的嘘っぽさの代表というべき主人公ハルカ。本で勉強したことが役立つのがおかしかったが、すっきり演じた奈緒に「関係者」は感謝すべきだろう。

  • 映画評論家

    川口敦子

    予期した通りに進むお話だが、嫌味なくまとまってはいる。備前焼のPVとしては機能しているとも思う。それ以上の感動や美には欠けるけれど、このくらいのそこそこの出来の映画が当り前にない今だからなんとなく捨て難い気もしてしまう。遠景で都市と焼き物の郷、そこにある光を対比する撮影監督、その出しゃばらない技の手応え。人間国宝の娘役村上真希のきつさの底に湛えられた包容力の演じ方。周囲で支えるそんな実力者あってこその“そこそこ”なのだと妙にナットク。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月30日に投稿
    82
    • おしゃれな

    ネタバレ

「ハルカの陶」のストーリー

OLの小山はるか(奈緒)は東京で平凡な日々を淡々と過ごす中、デパートの展示でふと目にした備前焼の大皿に強く惹かれる。それ以来仕事中でも休日でも備前焼のことが頭から離れず、言葉にできない感動を胸に大皿の作者を訪ねるため備前焼の町・岡山県備前市に向かった。目の前に現れた修(平山浩行)は頑固でぶっきらぼうな職人気質だったが、一人でロクロに向かう彼の姿を見て一層備前焼への関心を深めるはるか。勢いのままに弟子入りを志願するも相手にしてもらえず、見兼ねた人間国宝の陶人(笹野高史)が間に入り、修行見習いとなる。修は亡き父との約束を胸に陶芸に向き合っており、ものづくりに向き合う備前の人々の姿や広大な自然に触れ、はるかは自分自身と向き合っていく。そんな彼女の姿を見た修は、次第に心を開き始める。

「ハルカの陶」の写真

「ハルカの陶」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ハルカの陶」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年11月30日
上映時間 119分
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング 一般映画
公式サイト http://harukano-sue.com/
コピーライト (C)2019「ハルカの陶」製作委員会

「ハルカの陶」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月30日に投稿
    82
    • おしゃれな

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「ハルカの陶」を観ているあなたにおすすめの映画