アイたちの学校

あいたちのがっこう
上映日
2019年6月15日

製作国
日本

上映時間
99分

ジャンル
社会派
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

日本における朝鮮学校の歴史と現状に迫るドキュメンタリー。2010年、政府は高校無償化制度から朝鮮学校を排除。地方自治体も次々と補助金を打ち切ってきた。知られざる歴史的資料や証言を発掘、100年に及ぶ差別と闘う朝鮮学校の真実を浮き彫りにする。メガホンをとったのは、朝鮮大学校を卒業し、ノンフィクション作家として活躍する高賛侑。2019年1月12日より第七藝術劇場(大阪府)を皮切りに各地で上映。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月6日に投稿
    90
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「アイたちの学校」のストーリー

1910年、日本は武力で韓国併合を強要し、朝鮮半島を植民地にした。1948年、GHQと日本政府は朝鮮人学校閉鎖令を出し、閉鎖を強行。そして現在、日本政府は法・制度的に民族教育の抑圧を図り、裁判所の多くが追随している。100年にわたって続けられてきた差別の歴史。在日朝鮮人はアイ(=子ども)たちの夢を育むため、幼稚園から大学に至る世界にも類い希な民族教育事業を行ってきた。しかし今、ウリハッキョ(=朝鮮学校)は厳しい逆風に晒されている。2010年、政府は高校無償化制度からウリハッキョを排除し、地方自治体も次々と補助金を打ち切ってきた。そこで、ウリハッキョは裁判闘争に立ち上がる。その戦いは全ての外国人の子どもたちの教育権に連なり、他民族多文化共生の時代を切り開いていく。知られざる歴史的資料や証言を発掘し、ウリハッキョの差別と闘いの真実を浮き彫りにする初の長編ドキュメンタリー。

「アイたちの学校」の写真

「アイたちの学校」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アイたちの学校」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年6月15日
上映時間 99分
製作会社 制作:「アイたちの学校」制作委員会
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://aitati.blog.jp/

「アイたちの学校」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月6日に投稿
    90
    • 考えさせられる

    ネタバレ