ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)

にっぽにあにっぽんふくしまらぷそでぃ
上映日
2019年3月9日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
ミュージカル 社会派 ドラマ

ここが見どころ

「セシウムと少女」の才谷遼監督によるスラップスティック・ミュージカル。3.11から8年、原発最前線の町役場へと出向を命じられた定年間近の楠穀平。町や住人、事故後の現状を目の当たりにするなか、やがて原子力研究所副所長就任を祝う狂乱の大宴会が始まる。出演は「私は絶対許さない」の隆大介、「嘘八白」の寺田農、新人のデコウトミリ、「明日にかける橋 1989年の想い出」の宝田明。トキ・キャラクターデザインを「この世界の片隅に」ののんが担当。ラピュタ阿佐ヶ谷20周年記念作品。

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」のストーリー

3.11から8年。会津若松市役所職員・楠穀平(隆大介)は、ある日、原発最前線であるフクシマ県楢穂町役場に出向を命じられる。配属先は特別震災広報課。同僚には紅一点の石井ユカリ(柳沢なな)をはじめ、個性的な面々(関口晴雄、伊嵜充則、飯田孝男)が揃っていた。穀平は役場の助役・村井(寺田農)に連れられ、フクシマの各所を訪れる。津波で押し流された地区、未だ復旧しない鉄道、終わらない除染、セシウムが降り積もった帰宅困難地域の村……。フクシマの現状とそこで生活する住民や作業員たちの現実を目の当たりにする穀平だったが、案内する村井は終始笑顔を絶やさない。一方、穀平の娘で小児科病院に勤務するハルカ(デコウトミリ)は、入院する子供たちの現実に胸を痛めていた。やがてハルカは、そこにいない誰かと話す男の子が気になり始めるのだった。そんなある日、穀平は村井から、近々開催される「原子力研究所副所長就任を祝う会」を円滑に楽しく進められるよう言い渡される。そして当日。会に臨んだ穀平は、カゲキに陽気に盛り上がる異様な大宴会を目撃する……。

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」の写真

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル 社会派 ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年3月9日
上映時間 113分
製作会社 製作:ラピュタ阿佐ヶ谷 制作:アートアニメーションのちいさな学校
配給 ラピュタ阿佐ヶ谷
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://nipponiamovie.com/
コピーライト (C)ラピュタ阿佐ヶ谷

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」のみんなのレビュー

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。

「ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)」を観ているあなたにおすすめの映画