任侠学園

にんきょうがくえん
上映日
2019年9月27日

製作国
日本

上映時間
119分

ジャンル
任侠・アウトロー コメディ ドラマ

ここが見どころ

今野敏の小説『任侠』シリーズのうち『任侠学園』を西島秀俊と西田敏行のW主演で実写化した人情喜劇。地元密着型ヤクザ・阿岐本組の組長は社会貢献に目がなく、No.2の日村は振り回されてばかり。今度は経営不振の高校の再建を引き受け、日村は学園へ向かう。監督は「劇場版 ATARU」や『民王』などのテレビドラマを手がけた木村ひさし。次々に厄介な案件を引き受ける組長の阿岐本を西田敏行が、組長の気まぐれで高校の理事となる羽目になるNo.2の日村を西島秀俊が演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    須永貴子

    ヤクザの組員たちのキャラクターと関係性が、「また奴らに会いたい」と思わされる可愛らしさ。アクション監督下村勇二&西島秀俊の貫禄の格闘シーンをお約束に、痛快人情コメディとしてシリーズ化できるポテンシャルを感じる。が、ナンセンスなギャグ、特に効果音の使い方がいただけない。例えば、豚の丸焼きの顔を何度もクローズアップにするたびに「ブヒ!」という豚の鳴き声が重なることで、会話のリズムが止まってしまう。シリーズ化には賛成なので、ギャグ禁止でぜひ。

  • 映画評論家

    山田耕大

    ヤクザを育てる学校の話ではない。ダメな高校をヤクザが立て直す話だ。設定も筋運びも目新しいものはない。だが、面白い。東映ヤクザ映画へのオマージュなのか、劇伴にのせたメインタイトルの出から、惹かれる。全篇にまぶされた笑いも泣きも過剰になることなく、さらりと差し出してくれて、嫌味がない。話の展開もパターンと言えばそれまでだが、パターンと思わせてしまう隙を見せない。職人技である。これが今の日本映画の平均値だったら、どんなにいいだろう。

  • 映画評論家

    吉田広明

    ヤクザが学校経営という設定の奇抜さだけで終わらない、演出の映画。様々な生徒を巡るエピソードの連鎖の中で、学校の経営権を握ろうとする勢力がいることが明かされ、と飽きさせない展開。原作小説自体の錬成度が高い(シリーズ化されている程だし)うえに、反復される台詞や仕草、効果音など編集が的確なためにギャグも上滑りしていない。組員一人一人のキャラが際立っており、特に西田敏行の芸の幅には大いに助けられている。これなら続篇もぜひ見てみたい。

「任侠学園」のストーリー

阿岐本組は困っている人を放っておけない義理と人情に厚すぎるヤクザで、組長の阿岐本は社会貢献に目がなく、次々に厄介な案件を引き受けてきた。親分に振り回されてばかりの阿岐本組No.2の日村は、今度は経営不振の高校の建て直しを引き受けたと知り、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったものの、親分の言うことは絶対であるため、仕方なく子分たちを伴い学園へ向かう。そこに待ち構えていたのは、無気力・無関心の今時の高校生と、事なかれ主義の教師たちだった。

「任侠学園」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「任侠学園」のスペック

基本情報
ジャンル 任侠・アウトロー コメディ ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年9月27日
上映時間 119分
製作会社 映画「任侠学園」製作委員会(エイベックス・ピクチャーズ=バンダイナムコアーツ=ROBOT=清栄コーポレーション=博報堂=中央公論新社=読売新聞=KICCORIT)(製作幹事:エイベックス・ピクチャーズ/企画・製作プロダクション:ROBOT)
配給 エイベックス・ピクチャーズ
公式サイト http://www.ninkyo-gakuen.jp/
コピーライト (C)今野 敏 / (C)2019 映画「任俠学園」製作委員会

「任侠学園」のみんなのレビュー

「任侠学園」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。