唄う陸戦隊

うたうりくせんたい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「踊る三十七年」「お姫様大行進」のディック・パウエルが主演する音楽映画で「化石の森」「就職戦術」のデルマー・デイヴスが脚本を書卸し、「太平洋横断機」「高圧線」のレイ・エンライトが監督に当たり、「お化けトラクター」のアーサー・L・トッドが撮影した。舞踊は最近監督となっているバスビー・バークレーが特に振付している。助演者はラジオ歌手から転向したドリス・ウェストンを始め、「踊る三十七年」のリーディクスン及びヒュー・ハーバート、「春の夜明け」のジェーン・ダーウェル、「スタアと選手」のアレン・ジェンキンス、舞台から来たジョージ・ロックウェルその他の面々である。

「唄う陸戦隊」のストーリー

サン・ディエゴ駐屯米国海兵隊の兵士ボブは唄の巧い内気な青年で、食堂の女給ペキイに恋をしても打ち明けることが出来ない。彼女はかねて望みの新人放送歌手採用のテストを受けにニューヨークへ行くことになったので、マイクを始めボブの友人たちは金を集めて彼に旅費を贈ったので、ボブは休暇を利用しペギイと共にニューヨークへ行った。テストの結果ペギイは落第したが、ボブの唄は素晴らしい人気を博し、早速興行師フィニイは彼を高給で雇った。ボブはペギイを秘書とし、瞬く間に莫大な金を稼いだ。そのため慢心した彼はペギイや戦友たちを疎んじるようになる。やがて休暇も切れて帰隊すると、ボブの隊は上海へ派遣されることになる。フィニイは彼の引留策を講じたが成功せず、結局彼もペギイを連れて上海へ行くことにした。先に着いたフィニイはナイトクラブの設立を企て、ボブの金を全部これに注ぎ込んでしまう。ボブに愛想をつかしたペギイは海兵たちから「陸戦隊の小母さん」と慕われている老婦人の家に同居する。彼女は自活の道を求めてあるナイトクラブの歌手になる。ところがそれはフィニイがボブのために開いた店だった。ボブは小母さんの経営するカフェーが破産しかけているのを知り、何とかして助けてやろうと思うが、自分の金はフィニイがナイトクラブにつぎ込んでしまっているので、そのクラブを小母さんに与えることにした。これを知った戦友たちもやっとボブと仲直りをして彼に喝采を送りボブは再びペギイの愛も得た。

「唄う陸戦隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「唄う陸戦隊」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー支社
レイティング

「唄う陸戦隊」のみんなのレビュー

「唄う陸戦隊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません