おっさんのケーフェイ

おっさんのけーふぇい
上映日
2019年2月16日

製作国
日本

上映時間
71分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

第13回CO2の助成企画として道頓堀プロレスの全面協力を得て完成した人間ドラマ。11歳のヒロトは将来の夢もなく、冴えない日々を過ごしていた。そんなある日、たまたま入ったプロレス会場で人気レスラーの引退試合を観戦し、今までにない興奮を覚える。フェイクドキュメンタリー「あの娘はサブカルチャーが好き」の谷口恒平による長編デビュー作。出演は、「菊とギロチン」の川瀬陽太、「いつまた、君と 何日君再来」の松田優佑。第12回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門、第17回ニッポン・コネクションニッポンヴィジョンズ部門、カナザワ映画祭2017期待の新人監督部門、第18回TAMA NEW WAVEある視点部門上映作品。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    山椒は小粒でもピリリと辛い、ということばがぴったりの、ハートフル&ハードボイルドの会心作。手作り風のダッチワイフ相手にプロレスの練習をしているおっさんと、プロレスに目覚めた少年の真向勝負。いや、闘うのは少年ではないが、おっさんの真実を知った少年と仲間たちが仕掛ける終盤のエピソ―ドには思わず拍手。おっさんが母親から貰った小遣いで通う風俗店・JKプロレスのくだりもくすぐったい。敵はリングの外にあり、という台詞も効果的。谷口恒平監督、頼もしい新人だ。

  • 映画評論家

    千浦僚

    川瀬陽太はもはや現代において人間存在のエルドラドのような役者になった。その夢見られる秘境の宝はマネーやゴールドではない。臭そうなおっさんが他の登場人物と観客に渡すのは自由とそれぞれの価値観を信ぜよという無形の黄金。本作は誤解による少年からの英雄視→なりすましをさらにひねった後、無用の人間の英雄以上に英雄的な立ち上がりかたを見せたのが良い。それは映る人物全員がいい顔をしてることに繋がる。あとチャラいダンスの五万倍はプロレスがかっこいいのも良い。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    幼少期の僕は、某特撮番組の主人公の瞳が父にとても似ていたことから「もしかすると正体はお父さんかも知れない」と妄想を膨らませていた。そこには「番組を放映している時は必ず父が不在」という餓鬼なりの裏付けがあったのだ。虚構と現実の境界線が理解できなかった過日、己の周囲に存在する世界も限られ、目の前にある情報と情報を結びつけることでしか〝虚構と現実の境界線が曖昧な現実〟を導けなかったのだ。本作ではその境界線としてプロレスを機能させている点が素晴らしい。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    85
    • 笑える
    • スカッとする

    ネタバレ

「おっさんのケーフェイ」のストーリー

大阪府道明市に暮らす11歳のヒロト(松田優佑)は将来の夢や夢中になれるものが何もなく、ダンスに打ち込むクラスメイトの輝男からバカにされている。放課後は冴えない友人たちとともに、河川敷で過ごすことが日課になっていた。彼らのいる対岸には、酔っ払いながらプロレスごっこをしている正体不明の中年・坂田(川瀬陽太)がいるのもいつものことだった。ある日の放課後、ヒロトはたまたま目についた道頓堀プロレスの試合会場にひとりで入っていく。人気レスラー・ダイナマイトウルフの引退試合を見たヒロトは、今まで感じたことのない興奮を覚える。その帰り道、ヒロトは中学生に絡まれるが、たまたま通りかかった坂田にプロレスの技で助けられる。坂田は手にマスクを持っており、ヒロトは坂田がダイナマイトウルフの正体だと考える。ヒロトは坂田からプロレスを教わることになったが、友人から「やられるって分かっててなんでロープで跳ね返るん?」と聞かれ、言い返すことができない。そんななか、ダイナマイトウルフの政界進出の噂が広まる。はたして、プロレスに真実はあるのか? そして、坂田の正体は……?

「おっさんのケーフェイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おっさんのケーフェイ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2019年2月16日
上映時間 71分
配給 インターフィルム
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト https://www.ossan-movie.com/
コピーライト (C)2017 Hanazono Cinema

「おっさんのケーフェイ」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    85
    • 笑える
    • スカッとする

    ネタバレ

「おっさんのケーフェイ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「おっさんのケーフェイ」を観ているあなたにおすすめの映画