WALKING MAN

うぉーきんぐまん
上映日
2019年10月11日

製作国
日本

上映時間
95分

ジャンル
青春 ドラマ

ここが見どころ

人気ラッパーのANARCHYが初監督を務めた半自伝的な青春音楽ドラマ。川崎の工業地帯。貧しい母子家庭に育った佐巻アトムは、不用品回収のアルバイトで生計を立てていた。厳しい生活の中、ラップとの出会いをきっかけに、アトムは夢に向かって歩き出す。出演は「純平、考え直せ」の野村周平、「GOZEN-純恋の剣-」の優希美青。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    佐野享

    若者の自己実現をテーマにしたありがちな物語と思いきや、人物造形にも演技にも、川崎という舞台の切り取り方にも、どっしりと重たい当事者性が宿り、「自己責任」を押しつける社会やマイノリティ差別に対する行き場のない怒りが観る者に自然と伝播、後半に向けてグッと拳が固くなる感触があった。あまり効果的でないスプリットスクリーンやスローモーションの使い方は再考の余地ありだが、これが第1回作品というANARCHY、明らかに映画に愛されている。第2章が待ちどおしい。

  • 映画評論家

    福間健二

    ANARCHY監督、そのラップの魅力の一面はおっさん的率直さで「普通」の足場に立つところだと思う。ここではそれが不発。野村周平の主人公は吃音気味で思いをちゃんと表現できない。その殻をどう破るか。下流の極貧だからといってこんなに痛快さなしでいいはずがない。家族や同僚はいてもコミュニティーのない空間と、あとはヤバい繁華街。いまの現実の底辺はこうだとするには、ちゃちなフィクションに頼りすぎで、外国人をおいても不自然に狭い。ラップのバトルもおとなしかった。

  • 映画評論家

    川口敦子

    ♪黒い雨降る工業地帯♪川崎の切り取り方、撮影芦澤明子の底力が光る。その町のどん底の日々、這い上がりたい心、届かせたい叫び――いってしまえば相変わらずな青春、何者かをめざすひとりより、それを取り巻く周縁の人々の纏った闇に目が向く。石橋蓮司! ラップバトルの金髪女子が咆える♪いつまでストリートつらいっていってんだ♪がつきつける客観! 等々、興味深いパーツは少なくないのにそれを繋ぐ関節(脚本、演出、主演も?)が弛緩している印象を拭えず残念。

「WALKING MAN」のストーリー

川崎の工業地帯。幼い頃から人前で話したり笑ったりすることが苦手な佐巻アトム(野村周平)は、極貧の母子家庭育ち。母と思春期の妹ウラン(優希美青)と暮らしながら、不用品回収業のアルバイトで生計を立てていた。そんなある日、母が事故に遭い、重傷を負ってしまう。家計の苦しさから保険料を滞納していた一家に向かって、ソーシャルワーカーの冷淡な声が響く。“自己責任って聞いたことあるでしょ? なんでもかんでも世の中のせいにしちゃダメだからね”。毎日のように心無い言葉を投げつけられていたアトムは、偶然ラップと出会ったことで、バカにされながらも夢に向かって歩み始める……。

「WALKING MAN」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「WALKING MAN」のスペック

基本情報
ジャンル 青春 ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年10月11日
上映時間 95分
製作会社 映画「WALKING MAN 」製作委員会(スタートワークス=エイベックス・ピクチャーズ) (制作プロダクション:ブロードマークス)
配給 エイベックス・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
公式サイト https://walkingman-movie.com/
コピーライト (C) 2019 映画「WALKING MAN」製作委員会

「WALKING MAN」のみんなのレビュー

「WALKING MAN」のレビューを書く

「WALKING MAN」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。