東京喰種 トーキョーグール【S】

とーきょーぐーるえす
上映日
2019年7月19日

製作国
日本

上映時間
101分

ジャンル
ホラー アクション サスペンス・ミステリー ファンタジー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

石田スイの人気コミックスを窪田正孝主演で実写映画化したSFアクションホラーの続編。不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない喰種《グール》と人間のハーフになってしまったカネキ。ある日、月山という男が現れ、カネキは喰種レストランに招待される。前作に続き、主人公のカネキを窪田正孝が演じるほか、鈴木伸之、小笠原海、白石隼也らが再集結。カネキと対峙する月山習役に「イニシエーション・ラブ」の松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役に「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の山本舞香が出演。監督は、数々のCMなどを手がけてきた川崎拓也と平牧和彦。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    別に“喰種(グール)”族でなくても、一般社会は喰うか喰われるかだ、などと利いたような口を利くつもりはないが、“グール”絡みで“グルメ”と呼ばれる美食家喰種が登場したのにはカンシンした。人間界もグルメ気取りの手が掛かる人種がいる。今回の見せ場は半喰種の金木と美食家喰種の激突で、これはかなり迫力がある。友情や純愛も盛り込まれ、出演者たちが若いだけに特殊な青春映画としてもワルくない。が、観ている時は引っ張られるが、消化がいいのか、観終わると何も残らず……。

  • 映画評論家

    千浦僚

    結構人気漫画を追って読むがいまいちノレない漫画のひとつが『東京喰種』。この作品の世界観が設定に逆接した、主人公の食いたくない思いから始まることにノレてない、体質的に合わないのかも。私は食に関して綾のない退屈な健啖家。申し訳ない。想像だが本作とその世界(メディアミックス諸作)を好む人たちは偏食過食拒食の感覚がわかる人なのか。しかし美食=悪者の月山(松田翔太)というキャラはわかった。ところで本作はアクションが良くない。吊り過ぎ。窪田正孝無駄遣い。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    本作には〈怪奇食材制作〉なるクレジットを発見できる。人間の目にはグロテスクであっても、喰種たちには美味であろうことを“食材”に感じさせなければならないため、視覚的なデザインと聴覚を刺激する〈音響効果〉によって、重要なアイテムに説得力を与えているのだ。そして、前作では喰種と人間の闘いを描くことで“相互理解”のあり方を暗喩させていたが、続篇では喰種同士の内部分裂を更に際立たせることで、支配階級が生まれる“社会構造”のメカニズムを解体してみせている。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    60

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年7月25日に投稿
    81
    • 怖い

    ネタバレ

「東京喰種 トーキョーグール【S】」のストーリー

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない喰種《グール》と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田正孝)。ふたつの世界の狭間で葛藤しながらも、彼はトーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店あんていくの仲間たちと、ささやかながらも幸福な毎日を送っていた。そんなある日、突然現れた男・月山習(松田翔太)から、喰種レストランに招待されるカネキ。実は月山は、美食家(グルメ)と呼ばれる史上最悪の喰種であった。カネキの特殊な香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。その魔の手は、次第にカネキの周囲にも及び始め……。

「東京喰種 トーキョーグール【S】」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「東京喰種 トーキョーグール【S】」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー アクション サスペンス・ミステリー ファンタジー ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年7月19日
上映時間 101分
製作会社 「東京喰種【S】」製作委員会(松竹=電通=集英社=ギークピクチュアズ) 制作プロダクション:ギークサイド 制作協力:松竹撮影所=松竹映像センター
配給 松竹
レイティング R-15
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://tokyoghoul.jp/
コピーライト (c)石田スイ/集英社  (c)2019「東京喰種【S】」製作委員会

「東京喰種 トーキョーグール【S】」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    60

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年7月25日に投稿
    81
    • 怖い

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。