まく子

まくこ
上映日
2019-03-15

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

直木賞受賞作家・西加奈子の同名小説を「真夏の方程式」の山﨑光主演で映画化。ひなびた温泉街の旅館の息子で小学5年生のサトシは、不思議な転入生・コズエに困惑しながらも惹かれていく。やがてコズエは、「ある星から来た」と信じがたい秘密を打ち明ける。出演は、「Blue Wind Blows」の新音、「映画 深夜食堂」シリーズの須藤理沙、「クソ野郎と美しき世界」の草彅剛。監督・脚本は、「はつ恋」の鶴岡慧子。
直木賞受賞作家・西加奈子の同名小説を「真夏の方程式」の山﨑光主演で映画化。ひなびた温泉街の旅館の息子で小学5年生のサトシは、不思議な転入生・コズエに困惑しながらも惹かれていく。やがてコズエは、「ある星から来た」と信じがたい秘密を打ち明ける。出演は、「Blue Wind Blows」の新音、「映画 深夜食堂」シリーズの須藤理沙、「クソ野郎と美しき世界」の草彅剛。監督・脚本は、「はつ恋」の鶴岡慧子。

専門家レビュー

サトシ役の山﨑光が、どこにでもいそうな男の子という感じで、鄙びた土地の空気に自然に溶け込んでいるのに対し、コズエと名乗る新音が、宇宙とは言わずとも、何処か遠い国から舞い降りた雰囲気なのが生きている。『風の又三郎』だと子どもたちだけの世界だが、これは、サトシの周りの大人たち、とりわけ草彅剛演じる温泉旅館の板場を預かる父親を中心にした俗な世界をベースにしているところに工夫がある。新音の枯れ葉を撒く姿もいいが、全体にもう少し弾んだ感じが欲しい。
映画評論家 上島春彦
クライマックス、度が過ぎてシラけた感じはあるが楽しめる。「度が過ぎ」るというのは、秘密めいた小学生の話でよかったのに大人もファンタジーの世界に巻き込むのが今一つ分からない、ということ。基本的に『風の又三郎』と『謎の転校生』タイプの物語だが、問題の転校生が絶世の美少女。なので彼女に恋する少年の初めての夢精が描かれることになったりする。この時期の少年には実は自分の肉体こそが、コントロールの利かない他者なのである。浮気性の父親との和解の場面も滑稽で良い。
映画評論家 吉田伊知郎
最近は子どもを等身大の目線でリアルに描こうとするせいか、男性監督による男子像も、女性監督による女子像も画一的な印象を持つことが多い。本作の大人の目線で作り込まれた子どもと演技には、精緻な演出を施せばリアルを上回る虚構の中の自由が生まれることを実感させる。不思議な透明感を漂わせる大人びた新音が魅力的だが、大人未満子ども以上の宙ぶらりんな時期を煩悶しながら過ごす山﨑光の虚無的な表情が良い。草彅は脇に回ると手強い存在になると予想していた通りの好演。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    78
    • 感動的な

    ネタバレ

「まく子」のストーリー

ひなびた温泉街の旅館の息子で小学5年生のサトシ(山﨑光)は、自分の体の変化に悩み、女好きの父親・光一(草彅剛)に反感を抱いていた。ある日、コズエ(新音)という美しい少女が転入してくる。コズエの不思議な言動に最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に惹かれていく。やがて、「ある星から来たの。」と信じがたい告白をするコズエが、町の人々にまいたものとは……。

「まく子」の写真

「まく子」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「まく子」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019-03-15
上映時間 108分
製作会社 アミューズ=日活=朝日新聞社=ひかりTV(製作幹事:アミューズ=日活/企画・制作プロダクション:フラミンゴ/制作プロダクション:オフィス・シロウズ)
配給 日活
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://makuko-movie.jp/
コピーライト (C)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

「まく子」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    78
    • 感動的な

    ネタバレ

「まく子」の上映スケジュール