フォルトゥナの瞳

ふぉるとぅなのひとみ
上映日
2019年2月15日

製作国
日本

上映時間
111分

ジャンル
ラブロマンス ファンタジー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

百田尚樹による同名小説を原作に「坂道のアポロン」の三木孝浩監督が神木隆之介&有村架純共演で映画化。孤独を抱える慎一郎は、ある日、死を目前にした人間が透けて見える能力を持っていることに気付く。そんな折、明るく優しい葵と出会い、惹かれ合っていく。脚本を「恋は雨上がりのように」の坂口理子と三木孝浩が担当。「走れ!T校バスケット部」の志尊淳、「嘘を愛する女」のDAIGO、「青空エール」の松井愛莉、「響 HIBIKI」の北村有起哉、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「グッドモーニングショー」の時任三郎が脇を固める。音楽は「となりの怪物くん」の林ゆうき。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    百田尚樹の原作は知らないが、映画はライトノベルならぬライトSF系で、つい引っ張られるままにズルズルと最後まで観てしまったが、そんな自分が腹立たしい。〝死を目前にした人間が透けて見える〟という設定。しかも寿命や自然死ではなく〝事故絡みの死〟限定。そんな眼力を持ってしまった主人公の戸惑いと責任感が、丁寧というか、くどくどと描かれていくが、飛行機の墜落事故を発端にした死の、そして事故の大盤振舞は、いくら映画の中のことでも気色ワルい。ヒロインのオチも。

  • 映画評論家

    千浦僚

    有村架純は労働者階級のヒロインだと思ってる。坂元裕二脚本のドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の印象が強いからか。贅沢ではないのに上品で、働き者っぽく、健康的なふくよかさがあって。案外他に人材のいないここにはまる役をやるとものすごい戦闘力を発揮する彼女だが本作もそれであった。加えて近年のアメコミヒーローものが抱える救済しきれぬ罪悪感の話も。ただラストのもうひとつ足したドンデン返し(原作に由来)は変。それを秘密にするなよ! と。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    運命の女神の瞳が導く〈運命論〉は「自分さえ良ければそれでいい」という利己的な傾向をよしとする社会に対するアンチテーゼに見える。相手を〝慮る〟という言葉は、いつの間にか(本来の意味とは異なる用法で)〝忖度〟なる言葉にすり替わっている。予知能力や世界を救うというレベルではない「個人で出来る範囲のこと」が何であるかを考えさせながら、その均衡を揺らす北村有起哉の演技が出色。彼の発言が正論のようで違和感を覚えることは、観客に〝慮る〟意味を再考させるのだ。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    80

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    80
    • 感動的な

    ネタバレ

「フォルトゥナの瞳」のストーリー

幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎(神木隆之介)は、友人も恋人も作らず、ただ仕事のみに生きてきた。だがある日、死を目前にした人間が透けて見える能力“フォルトゥナの瞳”を持っていることに気付き、生活が一変。他人の死の運命を目の当たりにするうちに、死に迫る人を救いたいという思いに葛藤する。そんななか、偶然入った携帯ショップで桐生葵(有村架純)と出会った慎一郎。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていく慎一郎は、孤独だった人生に初めて彩りが生じていく。一方、葵も慎一郎の真っ直ぐな人柄に惹かれ、やがてふたりは互いに必要な存在となっていくのだった。ところがある日、突然街ゆく人々が次々と透け始め、そして、ついには葵までもが……。

「フォルトゥナの瞳」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「フォルトゥナの瞳」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ファンタジー ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年2月15日
上映時間 111分
製作会社 東宝=博報堂DYミュージック&ピクチャーズ=アミューズ=ジェイアール東日本企画=KDDI=ローソンエンタテインメント=日本出版販売=ひかりTV=GYAO(企画協力:新潮社/製作プロダクション:東宝映画)
配給 東宝
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://fortuna-movie.com/
コピーライト (C)2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会

「フォルトゥナの瞳」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    80

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    80
    • 感動的な

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。