来る

くる
上映日
2018-12-07

製作国
日本

ジャンル
ホラー ドラマ

ここが見どころ

第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智による『ぼぎわんが、来る』を「告白」の中島哲也監督が映画化。幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に、とある来訪者が現れ、取り次いだ後輩は謎の死を遂げる。それ以降、秀樹の周囲で奇妙な出来事が起こり始める。出演は「散り椿」の岡田准一、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「恋は雨上がりのように」の小松菜奈、「小さいおうち」の松たか子、「怒り」の妻夫木聡。脚本を中島哲也と、劇作家の岩井秀人、「渇き。」の門間宣裕が務める。

専門家レビュー

  • 〝あれ〟は、弱くて脆いものを狙ってやって来るという。それは現代社会における人間同士のコミュニケーションの欠落や、ネット社会におけるセキュリティの脆弱性に対するメタファーのようにも見える。〝あれ〟の存在を何となく感じさせるため、望遠レンズを多用して常に画面の前を人やモノなどによって少しだけ遮らせていることが窺える。また過度な情報量を詰め込んだ中島哲也節ともいえる画面構成や、瞬きひとつしない松たか子によるやりたい放題にも見える演技アプローチが秀逸。

みんなのレビュー

「来る」のレビューを書く

「来る」のストーリー

香奈(黒木華)との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)が勤める会社に謎の訪問者が現れる。取り次いだ後輩の伝言は「チサさんの件で」とのことだったが、秀樹の脳裏に疑問がよぎる。チサとは、妊娠した香奈と喜び勇んでつけたばかりの娘・知紗の名で、まだ二人しか知らないはずであった。結局、訪問者の正体はわからぬまま、“それ”と会話した後輩は謎の死を遂げる……。2年後。イクメンパパとして知紗を溺愛する秀樹の周囲で、超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起こり始める。何かに狙われているのではないかと恐れた秀樹は、オカルトライターの野崎(岡田准一)と、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴(小松菜奈)とともに調査を開始。だが、田原家に憑いている“何か”は想像をはるかに超えた強大なモノだった。民族学者・津田(青木崇高)によると、その“何か”とは、田原家の故郷の民族伝承に由来する化け物ではないかという。そんななか、真琴の姉で、国内最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、全国から猛者たちが次々と田原家に集結。かつてない規模の“祓いの儀式”が始まろうとしていた……。

「来る」の写真

「来る」のスタッフ・キャスト

スタッフ
監督 中島哲也
脚本 中島哲也
岩井秀人
門間宣裕
原作 澤村伊智
企画・プロデュース 川村元気
製作 市川南
エグゼクティブプロデューサー 山内章弘
プロデューサー 西野智也
兼平真樹
制作プロデューサー 佐藤満
ラインプロデューサー 内山亮
撮影 岡村良憲
照明 高倉進
上野敦年
録音 矢野正人
美術 桑島十和子
装飾 西尾共未
スタイリスト 申谷弘美
チーフヘアメイク 山崎聡
音楽プロデューサー 冨永恵介
成川沙世子
キャスティングプロデューサー 元川益暢
VFXスーパーバイザー 柳川瀬雅英
桑原雅志
編集 小池義幸
記録 長坂由起子
助監督 髙土浩二
制作担当 大塚健二
キャスト役名
出演 岡田准一 野崎和浩
黒木華 田原香奈
小松菜奈 比嘉真琴
青木崇高 津田大吾
柴田理恵 逢坂セツ子
太賀 高梨重明
志田愛珠
蜷川みほ
伊集院光 スーパーの店長
石田えり
松たか子 比嘉琴子
妻夫木聡 田原秀樹

「来る」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018-12-07
製作会社 製作:「来る」製作委員会(製作プロダクション:東宝映画=ギークサイト)
配給 東宝
カラー/サイズ

「来る」のみんなのレビュー

「来る」のレビューを書く

「来る」の上映スケジュール

  • ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原

    2月17日

    2月18日

    2月19日

    2月20日

    2月21日