人魚の眠る家

にんぎょのねむるいえ
上映日
2018年11月16日

製作国
日本

上映時間
120分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

東野圭吾による同名小説を「天空の蜂」の堤幸彦監督が篠原涼子主演で映画化。娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束した仮面夫婦のもとに、娘がプールで溺れたとの悲報が届く。回復の見込みはなく、深く眠り続ける娘を前に、夫婦はある決断を下すが……。共演は「クリーピー 偽りの隣人」の西島秀俊、「今夜、ロマンス劇場で」の坂口健太郎、「嘘を愛する女」の川栄李奈、「羊の木」の田中泯、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」の松坂慶子、「ミックス。」の山口紗弥加、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の田中哲司。脚本を「ガール」の篠﨑絵里子、音楽をイギリスのピアニスト、アレクシス・フレンチが担当する。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    さすが堤監督、いつか起こるかもしれない奇跡に取り憑かれた母親・篠原涼子をメインにして話を引っ張り最後まで飽きさせない。最先端のIT技術によって〝脳死〟のまま、成長を続ける娘の身体。IT技術は現代の錬金術に近いものがあるから、この少女はいわば現代のフランケンシュタインと言えなくもないが、この映画では逆に母親が怪物化してゆき、その愛と欲とエゴのエスカレートもスリリング。ラストの少年のエピソードもワルくないが、IT技術の後遺症については……考えすぎ?

  • 映画評論家

    千浦僚

    そうきたか。子供の死に抗したい母の思いというメロドラマをベースとしつつSF的ホラー的でもあり面白い。生きているとはどういうことか、魂が存在するかということにも触れるネタ、ストーリー。しかし、というか、なおかつというか「エクソシスト」や「震える舌」、「エンティティー 霊体」「ポルターガイスト」にも近い。「デッドリー・フレンド」や「ペット・セメタリー」のほうがもっと近いか。ただ何か撮り方が違う気もする。レンズフレアやハレーション気味の画は必要か?

  • 映画評論家

    松崎健夫

    脳死と呼ばれる状態になった人の手に、僕はぬくもりを感じ〝死〟という言葉に違和感を覚えたことがある。その感触は今でも憶えていて、娘が脳死状態にあるという現実を受け止められない劇中の夫婦の気持ちを、何となく理解できるのである。脳死に対する考え方は人それぞれなので、当然、映画で描かれていることに対する反応も人それぞれだろう。それでも、助ける命/助かる命をどう優先するのか?ということに対して、時に不気味さを漂わせながら多角的に描いている点は評価したい。

みんなのレビュー

「人魚の眠る家」のストーリー

二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)と、IT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。そんな二人は、娘の小学校受験が終わったら離婚すると約束していた。だがある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという悲報が届く。意識不明のまま回復の見込みがない娘を前に、生かし続けるか、死を受け入れるかという究極の選択を迫られた二人は、和昌の会社の最先端技術を駆使して前例のない延命治療を開始。治療の結果、娘はただ眠っているかのように美しい姿を取り戻していくが、その姿は薫子の狂気を呼び覚まし、次第に薫子の行動はエスカレートしていくのだった。やがて、和昌の父・多津朗(田中泯)や、薫子の母・千鶴子(松坂慶子)、技術研究者の星野祐也(坂口健太郎)とその恋人・川嶋真緒(川栄李奈)らを巻き込み、彼らの運命を狂わせていく……。

「人魚の眠る家」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「人魚の眠る家」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018年11月16日
上映時間 120分
製作会社 「人魚の眠る家」製作委員会(松竹=フジテレビジョン=木下グループ=電通=幻冬舎=ジャパン・ミュージックエンターテインメント=GYAO)(企画:松竹/制作プロダクション:オフィスクレッシェンド)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://ningyo-movie.jp/
コピーライト (C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

「人魚の眠る家」のみんなのレビュー