キスできる餃子

きすできるぎょうざ
上映日
2018年6月22日

製作国
日本

上映時間
100分

ジャンル
ラブロマンス コメディ ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

宇都宮を舞台にしたラブコメディ。地元である宇都宮に帰ってきたバツイチ子持ちのシングルマザー・陽子は、実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘していた。そのさなか、イケメンの新聞配達青年に出会うが、彼の正体は今をときめくプロゴルファー・岩原亮だった。出演は、「アヤメくんののんびり肉食日誌」の足立梨花、BOYS AND MENの田村侑久。監督・脚本は、「クハナ!」の秦建日子。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上島春彦

    宇都宮だから餃子だという御当地的態度は正しい。また主演が絶対の御ひいき足立梨花だから十分楽しめるものの、客観的にそれだけでは評価は難しい。何といっても話が薄い。餃子篇とゴルフ篇であぶはち取らずになった観がある。もっとも企画のコンセプトは二つを融合させるところにあったわけだが、ミスマッチのおかしさ狙いにしてはありきたりな出会いに終始する。男をいい人にし過ぎて喜劇風味が薄れたのではないか。それと餃子が普通。もっとデタラメな餃子を見せてほしかったです。

  • 映画評論家

    吉田伊知郎

    何でもこなせるのが災いしてか、酷い映画にばかり出演させられているのが気の毒になる足立だが、地域振興の餃子映画でも同様。閉店した父の餃子店を出戻りの足立が引き継ぐが、最初からそこそこ作ることが出来てしまうので、そこから改良に励むなら味や食感、匂いの違いを映像でどう見せるかに腐心してもらいたかった。ラブコメ部分は足立の愛嬌で見ていられるが、感情を全部口に出してしまうので閉口。老人を嬉々として怪演し、ドライに徹する浅野和之が映画の支柱になっている。

  • 映画評論家

    上野昴志

    宇都宮の餃子に、子連れ離婚の女に、壁にぶつかったプロゴルファーの三題噺。離婚話の途中で切れて、亭主の顔を殴った勢いで、故郷の宇都宮に帰ってくる足立梨花扮するヒロインの跳ね方は悪くないが、肝腎の餃子作りが、見た目だけで終始するのが、なんとも物足りない。いや、餃子を焼くところは何度も出てくるよ。だけど、それ以前の、材料の選択や配合などがスルーされるので、どんな工夫がされているのか、わからない。これじゃ、タイトルが目を引いただけで中身なし、で終わる。

みんなのレビュー

「キスできる餃子」のストーリー

バツイチ子持ちのシングルマザー・陽子(足立梨花)は地元の宇都宮に帰り、実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘していた。そのさなか、イケメンの新聞配達青年(田村侑久)に出会い、恋に落ちる。しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファー・岩原亮だった……。

「キスできる餃子」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キスできる餃子」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018年6月22日
上映時間 100分
製作会社 (制作:ホリプロ)
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://kiss-gyo.jp/
コピーライト (C)2018「キスできる餃子」製作委員会

「キスできる餃子」のみんなのレビュー

「キスできる餃子」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?