浮かれ姫君

うかれひめぎみ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「玩具の国」と同じくヴィクター・ハーバート作曲の大当たりオペレッタの映画化である。リダ・ジョンソン・ヤングの原作オペレッタに基づいて「宝島(1934)」のジョン・リー・メインが「影無き男(1934)」の脚色チーム、フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケットと協力して脚色し、「影無き男(1934)」「男の世界」のW.S.ヴァン・ダイクが監督し「白い蘭」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。主演者は「メリイ・ウイドウ(1934)」「猫と提琴」のジャネット・マクドナルドと「カルロ」「ダンシング・レディ」で歌ったネルソン・エディで「お人好しの仙女」のフランク・モーガン、「フランケンシュタインの花嫁」のエルザ・ランチェスター、「ロスト・ジャングル」のセシリア・パーカー、ダグラス・ダンブリル、ウォルター・キングスフォード等である。

「浮かれ姫君」のストーリー

ルイ王朝華やかなりし時代のパリ、公爵令嬢マリイ姫は伯父のすすめる政策結婚の相手スペインの大公爵ドン・カルロスを嫌い、卑女マリエッタがカスケット・ガール( 北米ルイジアナ州のフランス植民地の男子と結婚すべく国家の補助を受けて移住する娘子軍) の1人として渡米するのを幸い、彼女のに代わり自らマリエッタに扮して船出してしまった。無事航海を終えて明日は大陸へ着くと言う晩、不幸一行は海賊に襲われ、カスケット・ガール一行も囚われて陸地へ連れられたが、ウォーリントン大尉に率いられる傭兵の一隊は幸い賊と巡り合い、賊を討伐して無事女どもをニュウ・オーリンズへ連れて帰った。植民地監督ダナールは一行を歓迎し、土地の男子は我こそ良き妻を獲んものと、ひしめき騒いだがマリエッタだけは結婚を拒み自分は密航して来たのだと称して一行に分かれ、その美声を頼りに操り人形小屋に雇われる事になった。ウォーリントン大尉は一行を救った時からマリエッタを憎からず思っていたので、種種と彼女の世話をやいたが、マリエッタは表面あくまで冷静を装っていた。間もなく本国から伯父公爵とドン・カルロスが早船で彼女の後を追って来てマリエッタの正体は発覚し、監督邸に捕らえられ、本国へ連れ戻される事になった。出帆の前晩、監督邸では彼女の為に大夜会が催された。そこへ案内もなく乗り込んだのはウォーリントン大尉だった。既に恋に陥っていたウォーリントンとマリエッタはお互いに胸の中を歌に託して歌い、警戒を破って首尾よく監督邸を抜け出した。

「浮かれ姫君」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「浮かれ姫君」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 M.G.M映画
レイティング

「浮かれ姫君」のみんなのレビュー

「浮かれ姫君」のレビューを書く

「浮かれ姫君」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。