Start Line

すたーとらいん START LINE
上映日
2016年9月3日

製作国
日本

上映時間
112分

ここが見どころ

聴覚障害を持つ映画監督の今村彩子が、日本列島を自転車で縦断する姿を追ったドキュメンタリー。健聴者とのコミュニケーションに壁を感じてきた今村彩子は、自らの甘えを絶とうと一念発起、沖縄から北海道まで自転車で57日間、3,824kmの旅に出る。今村自身と伴走者が撮影した350時間にも及ぶ映像を編集して作り上げた。

「Start Line」のストーリー

生まれつき耳が聞こえず、健聴者とのコミュニケーションに壁を感じてきた映画監督の今村彩子。“このままではいけない。次に進むためにも、コミュニケーションの映画を撮ろう”。そんな想いから、沖縄から北海道まで、自転車による日本縦断の旅を決意する。こうして2015年夏、自身を被写体とするロードムービー「スタートライン」がクランクイン。出発早々の荒天、道に迷ったり、“聞こえる人”との会話に四苦八苦したり……。クロスバイク歴わずか1年、交通ルールも危なっかしい。そんな彼女を叱咤激励しつつ追い続けるのは、伴走者にしてカメラ撮影を担当する“哲さん”こと堀田哲生。今村行きつけの自転車店スタッフである。2人の間には、安易な手助けや会話の通訳はしないというルールが決められていた。厳しさにヘコみ、バテて、こっそり泣いて……。それでもひたすら北に向けて走り続ける毎日。出会った人は全国で約300人。心温まる触れ合いがある一方で、気後れしてコミュニケーションの輪に入れないことの方が多い現実。ままならない自分に苛立ちが募る。心を閉じて黙りこむ彼女に、哲さんの鋭い言葉が飛ぶ。“何もできないって、あなたが思い込んでるだけでしょう!”、“コミュニケーションを、あなた自身が切っている!”。相手を想うがゆえの容赦のなさに、一触即発の危機が何度も訪れる。私はどうすべきなのか……。悩み苦しむ彼女に、北の大地で奇跡的な出会いが待っていた。自転車で日本縦断の旅をするオーストラリア人、ウィル。彼もまた、聴力にハンディキャップを抱えていた。だが、聞こえない上に日本語カタコトのウィルが楽しそうに人々とコミュニケーションする姿に彼女は驚く。なぜそんなことができるのか?満天の星の下、ウィルは言った。“ピープル インサイド オナジ”。最北端の地は、ゴールなのか?それとも……?彼女はどんな答えを見つけるのか?人生の旅そのものの57日間、3,824km。

「Start Line」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「Start Line」のスペック

基本情報
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016年9月3日
上映時間 112分
製作会社 (制作:Studio AYA)
配給 Studio AYA(配給協力:リガード)
レイティング
公式サイト http://studioaya.com/startline/top.html
コピーライト (C) Studio AYA

「Start Line」のみんなのレビュー

「Start Line」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。

「Start Line」を観ているあなたにおすすめの映画