マドリードで乾杯

まどりーどでかんぱい
上映日
1965年5月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・H・セコンダリの原作を、エディス・ソマーが脚色、「すてきなジェシカ」のジーン・ネグレスコが監督した青春もの。撮影は「不沈のモリー・ブラウン」のダニエル・L・ファップ、音楽は「女房は生きていた」のライオネル・ニューマンが担当した。出演は「泥棒を消せ」のアン・マーグレット、「リオ・コンチョス」のアンソニー・フランシオサ、「枢機卿」のキャロル・リンレイ、「翼のリズム」のパメラ・ティフィンなど。製作はデイヴィッド・ワイスバート。

「マドリードで乾杯」のストーリー

マドリードに来たアメリカ娘スージー(パメラ・ティフィン)は、先に来ていたマギー(キャロル・リンレイ)、フラン(アン・マーグレット)の3人で共同生活を始めた。マギーは通信社に勤め、フランは歌と躍りの勉強をしていた。マギーの同僚ピートは彼女に好意を持っていたが、彼女は上役のバートンに心惹かれていた。一方フランは医者アンドレスと、スージーは貴族の息子エミリオと知りあい、おたがいに惹かれた。バートンが開いたパーティの日、フランはフラメンコを踊り大喝采を浴びた。その時、バートンの妻ジェーンが現われ、悲しくなったマギーは急ぎアパートに帰ったが優しく送ってくれたのはピートだった。数日後、フランはアンドレスと再会したが、マドリードでの開業に彼が反対したために、そのまま別れてしまった。同じ頃スージーはエミリオに約束をすっぽかされ、怒ってアパートに帰ってくる。フランとスージーはアメリカへ帰る相談を始めた。数日後マギーはバートンと踊りに行き、そこに来たジェーンに口汚くののしられフラン、スージーと共にアメリカへ帰る決心をした。それから間もなくニューヨーク転任となったバートンは3人娘を食事に招き、自分の後任としてピートを推薦したことを述べ、マギーに彼の秘書になってほしいといった。そこへ、ピート、エミリオ、アンドレスの3人がやってきた。3組の恋人たちに幸せがやってきた。

「マドリードで乾杯」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「マドリードで乾杯」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1965年5月5日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「マドリードで乾杯」のみんなのレビュー

「マドリードで乾杯」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません