ジャングル・ブック(2016)

じゃんぐるぶっく THE JUNGLE BOOK
上映日
2016年8月11日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
アクション ファンタジー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ディズニーアニメにもなったラドヤード・キップリングの冒険小説を実写化。ジャングルに一人取り残された人間の赤ん坊・モーグリは、動物たちに育てられる。しかしトラのシア・カーンが現れ、モーグリに人間への復讐心をぶつける。4D/3D/2D同時公開。動物たちや大自然をCG技術を駆使し描いている。監督は「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴロー。少年モーグリをオーディションで選ばれた新人ニール・セディが演じるほか、「ガンジー」のベン・キングズレーや「ロスト・イン・トランスレーション」のビル・マーレイらが動物たちの声を担当している。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    佐々木敦

    視覚的には文句のかけらもつけようのない驚異的な達成度で、冒頭から圧倒されまくりながら息つく暇もなく観終えた。画面に漲る躍動感という意味では、ここまで来たか、という感嘆を禁じ得ない。だが、67年版から言われてきたことではあるが、テーマ的には問題があることは否めない。レイシズムを潜在させていると思われかねないということだけでなく、ここで描かれているのが、人間の少年の動物化ではなく、動物たちの人間化であることにも根本的な疑問を感じる。でも面白いのは確か。

  • 映画評論家

    那須千里

    「ライフ・オブ・パイ~」でも思ったけれど、演技経験のほとんどない子供が一人で、ブルーバックの前で演じて、それが演技として成立していることは従来の映画の作り方にとって一種の驚異だ。演技論とか演出論とか根本的に考え直さなければ。「アイアンマン3」を蹴って「シェフ~」を作った監督のファヴローは自ら子役の相手役をつとめながら指導したというが、技術としてはともかく役としては違和感のないレベルに達している。そして声だけでも妖艶なS・ジョハンソンはさすがの一言。

  • 映画評論家

    山口剛

    ディズニーが「ジャングル・ブック」を実写でリメイクしたと聞き、リアルなロケを期待したのは、私の早合点だった。主演の少年以外すべてCGなのだが、その見事な映像には魅了された。ファンタジックな雰囲気はCGならではのものかも知れない。演技はすべてブルーバックの前で相手なしで行なったというニール・セディ少年をはじめ、動物たちの造型や動きは絶妙。J・ファヴロー監督はインディー出身だが常にツボを外さない演出ぶりで、今度も見事な職人技を見せてくれた。

「ジャングル・ブック(2016)」のストーリー

ジャングルに人間の赤ん坊・モーグリがたった一人取り残されてしまう。一人ではジャングルの中で到底生きられない幼い命を救ったのは、黒ヒョウのバギーラだった。モーグリは子どもを抱えるオオカミのラクシャに託され、ジャングルの子として育っていった。バギーラから厳しい自然の中で生き抜く知恵を授かり、ラクシャからは惜しみなく愛情を注がれ成長していくモーグリ。しかし人間はジャングルの敵だと言い放つトラのシア・カーンが現れたことにより、彼の幸せな暮らしが変わっていく。

「ジャングル・ブック(2016)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャングル・ブック(2016)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016年8月11日
上映時間 105分
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/junglebook.html
コピーライト (C)2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved..

「ジャングル・ブック(2016)」のみんなのレビュー

「ジャングル・ブック(2016)」の多彩なBlu-ray/DVD