ターザン REBORN

たーざんりぼーん THE LEGEND OF TARZAN
上映日
2016年7月30日

製作国
アメリカ

上映時間
110分

ジャンル
アクション 冒険 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

エドガー・ライス・バローズの冒険小説を「ハリー・ポッターと死の秘宝」のデイヴィッド・イエーツが2D/3Dで映画化。ジャングルで動物に育てられたターザンは、今は英国貴族として暮らしている。ある日彼は政府の命で故郷のジャングルに戻る。出演は、「バトルシップ」のアレクサンダー・スカルスガルド、「フォーカス」のマーゴット・ロビー、「ビッグ・アイズ」のクリストフ・ヴァルツ、「ヘイトフル・エイト」のサミュエル・L・ジャクソン。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    原作どおり教養ある文明人のターザンが、「ヘイトフル・エイト」から更生したみたいなサミュエル・L・ジャクソン(この役は実在の人物がモデルになっているらしい)とともに、残虐な圧政で歴史上悪名高いベルギー統治下のコンゴで冒険を繰り広げる。クライマックスはちょっと笑っちゃうくらいの壮観さ。しかし余計なお世話かもだが、今の時代にターザン映画を売ること自体が、そもそもかなりの難題なのではという気も。「ナッシュビル」等を製作したジェリー・ワイントローブの遺作。

  • 映画評論家

    内藤誠

    ジョニー・ワイズミュラーのシリーズを見ては「ターザンごっこ」をしていた世代にとっては憂いある英国貴族のターザンとなると、まるで別作品だ。しかもここまでCG技術を駆使した映画を見たあとでは、声をはりあげて、真似するわけにもいかないだろう。シーンを追うごとに、CG画面はエスカレートして、野獣の群れが疾走する最終部になると、もう冗談の作り。一方、物語はシリアスで、奴隷売買やベルギー国王の愚挙を突き、クリストフ・ヴァルツの悪役など、子どもには怖すぎる。

  • 映画評論家

    平田裕介

    燃えるわけでもなく、萎えるわけでもない、実に「ハリポタ」シリーズのD・イェーツらしい仕上がり。アフリカを蹂躙する欧米列強の批判も盛り込んでいるが、そのわりにはコンゴの各部族のセリフがほとんど英語だったりするのは引っ掛かる。とはいえ、「007 スペクター」よりもいきいきとした悪役ぶりを見せつけるC・ヴァルツは◎。人生で初遭遇する女が、まさかのM・ロビー。ひたすら体臭を嗅ぎ、あちこちを撫でまくり、股間に顔を突っ込もうとするターザンに激しくシンパシー。

「ターザン REBORN」のストーリー

美しい妻ジェーン(マーゴット・ロビー)と裕福な暮らしを送る英国貴族で実業家のジョン(アレクサンダー・スカルスガルド)は、“ターザン”という別の名を持っていた。生まれて間もなく国の反乱に巻き込まれた彼は、コンゴのジャングルで動物たちに育てられたのだった。スマートにしてワイルドというアンバランスな魅力を兼ね備えたターザンは、英国政府でも一目置かれていた。ある日ターザンは、政府の命を受け、貿易使役としてジェーンを連れて故郷のジャングルに戻る。しかしそれはターザンに仕向けられた罠で、故郷は侵略され、ジェーンはさらわれてしまう。愛する妻と故郷を救うため、ターザンはすべてをなげうち、ジャングルに戻ることを決意する。果たして彼は己の野生を呼び覚まし、失ったものを取り戻すことができるのか?

「ターザン REBORN」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ターザン REBORN」のスペック

基本情報
ジャンル アクション 冒険 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016年7月30日
上映時間 110分
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/
コピーライト (C)2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

「ターザン REBORN」のみんなのレビュー