• 映画DB トップ
  • 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

しんげきのきょじんあたっくおんたいたんえんどおぶざわーるど ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD
上映日
2015年9月19日

製作国
日本

上映時間
88分

ジャンル
SF アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

巨人が人間を捕食する暗黒の世界を描いた諫山創の大ヒットコミックを樋口真嗣監督が実写映画化した2部作の後篇。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上島春彦

    ★は少ないが十分面白い。ただし終わりに向けてまとめていかないといけない後篇は、謎の提出で気を持たせる前篇に比べて世界観自体が小さくなった印象だ。ポップス『この世の果てまで』が流れるジュークボックスという細部が効いているし、真の敵は壁の外じゃなく壁そのもの、あるいは内部にいるというのが脚本の批評性を提示する。銃器マニア石原さとみは今回もノリノリ。どうせなら他の連中も彼女を見習ってほしかった。個人的には希子のお腹の嚙まれ傷をもっと見たかったかも。

  • 映画評論家

    北川れい子

    うーん、この2部作、やはり一気に観たかった。前作で鳥肌が立つほど興奮した巨人映像も今回はすでに観慣れた気分に。とは言え、更にパワーアップした超巨人の表情やアクションは、感動級の迫力で、正直、この超巨人の存在だけで、あらゆる謎やカラクリなどどうでもいいと思ったりも。そういえば主人公は、天国の奴隷より地獄の自由を選ぶ、と言い放っていたが、果たして地獄に自由は……。ただこの終わり方でいいのかも。実際、現代人は、地獄で奴隷的に生きるのがせいぜいだし。

  • 映画評論家

    モルモット吉田

    巨人による大殺戮を前面に出した前篇は特撮映画の快楽が漲っていて思わず3回観たが、後篇は本篇パートに比重がかかるだけに弱点が露呈。壁修復に向けた不発弾移送と並走して複数の人物を捌き、伏線回収も行う作劇は着眼大局、着手小局を地で行く緻密な演出が求められる。どこにカメラを向けて撮るかも覚束ない下手糞な演出と、役者の力量に左右される芝居が中心に来ては終盤の特撮絡みの場面以外が総じて凡庸に映る。圧倒的な人と巨人の超接近戦と、外の世界を見せた意欲は買う。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」のストーリー

超大型巨人によって破壊された壁を修復するため、保護地域から出発したエレン達調査兵団は、巨人の急襲に遭い窮地に陥いる。戦いの中、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまうエレン。誰もが絶望しかけた時、謎の黒髪の巨人が出現、他の巨人達を駆逐し始めた……。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015年9月19日
上映時間 88分
製作会社 映画「進撃の巨人」製作委員会(東宝=講談社=電通=アミューズ=ホリプロ=博報堂メディアパートナーズ=ジェイアール東日本企画=KDDI=読売新聞社=朝日新聞社=日本出版販売=GYAO=TOKYO FM)(製作プロダクション東宝映画)
配給 東宝
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://www.shingeki-seyo.com/
コピーライト (C)2015映画「進撃の巨人」製作委員会(C)諫山創/講談社

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません