新宿スワン

しんじゅくすわん
上映日
2015年5月30日

製作国
日本

上映時間
139分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

和久井健がスカウトマンとしての自らの体験をもとに描いた同名漫画を、「愛のむきだし」など衝撃作を次々と発表する園子温監督が映画化。新宿・歌舞伎町を舞台に、スカウトマンたちの生き残りをかけた争いを描く。脚本は「ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」を手がけた放送作家の鈴木おさむと「クローズEXPLODE」の水島力也が担当。熱さと奔放さを持つアウトローの主人公を「そこのみにて光輝く」の綾野剛が、因縁のライバルを「凶悪」の山田孝之が、主人公を慕う風俗嬢を「ヘルタースケルター」の沢尻エリカが、主人公を育てるスカウトマンを「るろうに剣心」シリーズの伊勢谷友介が演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    これだけのキャストを揃え、歌舞伎町大通りのセットを組んで、役者たちを走り回らせれば、誰が撮っても、そこそこの映画は出来るのではないか。と思うのは、園子温監督らしい匂いが稀薄だからだ。綾野剛も山田孝之も、もっとじっくり見たい沢尻エリカも、かなり頑張っているが、ごく普通の娯楽映画に収まっている。ま、それは続篇狙いの作りも含め、端から意図したことかもしれないが、それにしても、女を幸せにすると言いながら、誰も幸せになっていなさそうに見えるのは、どうして?

  • 映画評論家

    千浦僚

    走り方がいいから綾野剛の走る姿が見られると嬉しい。しかし主役ではなかったのに、石井岳龍「ソレダケ」に出てた綾野剛のほうが強烈だった。一見誰だかわかんないところまで行っていたから。本作は了解範囲内の良さ。日本においてヤンキーものから歌舞伎町界隈カルチャーもの等にまたがるサブやくざ的ワールドは漫画と映画でその物語の土壌たるメジャーな文化圏を形成しているが「新宿スワン」はそのなかの代表的な金脈という感じ。でもマタ山本と園子温がこれをやるとは意外。

  • 映画評論家

    八幡薫

    油断ならない。清と濁、嘘と真、白と黒、お天道様と裏街道。真逆に位置するものがちらちらと裏に表に反転し続ける、たゆみなきメビウスの輪のような映画だ。はきだめの街・歌舞伎町を舞台に、その巨大な淀みに浮かぶ泡沫たちの、かつ消え、かつ結びてゆく様を描いた現代絵巻。本来の自分の色を敢えて原色で塗りつぶして純愛を描く園子温、眩いばかりに絢爛な俳優陣……これは狙いすましたケレンなのか、それとも!? なんてムダに構えて臨みつつも、「今」ならではの気迫と色気に圧倒された。

みんなのレビュー

「新宿スワン」のストーリー

東京新宿区歌舞伎町。約600メートル四方の中に4000店以上の飲食店や風俗店が軒を連ねるこの地は、アジア最大の歓楽街である。あてもなく歌舞伎町をさすらっていた白鳥龍彦(綾野剛)は、スカウトの世界に足を踏み入れる。男女の様々な思惑が絡み合う裏社会で、力と力がぶつかり合う生き残りを賭けた争いが繰り広げられていく。

「新宿スワン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新宿スワン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2015
公開年月日 2015年5月30日
上映時間 139分
製作会社 「新宿スワン」製作委員会(講談社=トライストーン・エンタテイメント=ジャパン・ミュージックエンターテインメン ト=ハピネット)(制作プロダクション  トライストーン・エンタテイメント/企画協力 講談社=ヤングマガジン=dTV)
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://shinjuku-swan.jp/
コピーライト (C)2015「新宿スワン」製作委員会

「新宿スワン」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません