1492 コロンブス

いちよんきゅうにころんぶす Conquest of Paradise
上映日
1992年10月10日

製作国
アメリカ

上映時間
154分

ジャンル
伝記

ここが見どころ

アメリカ大陸を発見したクリストファー・コロンブスの半生を描く。大陸発見500年を記念したフランス、スペイン両国の文化省後援作品で、監督は「テルマ&ルイーズ」のリドリー・スコット、製作はスコットと「ボヴァリー夫人」のアラン・ゴールドマン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「テルマ&ルイーズ」のミミ・ポーク・ソテラと「ミッション」のイエン・スミス、脚本はロザリン・ボッシュ、撮影は「テルマ&ルイーズ」のエイドリアン・ビドル、音楽は「南極物語」のヴァンゲリスが担当。

「1492 コロンブス」のストーリー

1510年。フェルナンド(ローレン・ディーン)が父コロンブス(ジェラール・ドパルデュー)の伝記を編纂しようと、異母兄ディエゴのもとを訪れたところから物語は回想される。1491年、スペインのアンダルシア。船乗りで探検家でもあったクリストファー・コロンブスはいつも幼いフェルナンドに地球は球体であり、従来のように東からだけでなく西からでもアジアに到達することを語って聞かせていた。だが当時のスペインでは異端審問が熾烈を極めており、彼もまた異教視されていた。自説を証明するため、コロンブスはサンチェス財務長官(アーマンド・アサンテ)を抱き込み、船主ピンゾン(チェッキー・カリョ)や金貸しのサンタルヘル(フランク・ランジェラ)らの協力を受けて航海の準備を進める。一方、異教の烙印から逃れるため、コロンブスはアルハンブラ宮殿に出かけイザベル女王(シガニー・ウィーヴァー)に旅の許可を願い出、彼の率直な人柄が気に入った女王は、彼に旅の許可と援助を約束した。1492年8月3日。こうしていよいよサンタ・マリア、ニーニャ、ピンタの3隻の船をしたててコロンブスの第1回の探検の旅が始まった。容赦ない嵐に揉まれながらも、一行は10月12日、遂にグアナハニ島(現在のエルサルヴァドル)に到着、先住のインディアンとも友好関係を結ぶ。1493年3月18日、英雄として旅から戻ったコロンブスは、コルドバの大聖院でイザベル女王とフェルディナンド国王と肩を並べて座り、法王のローマ招待も受けた。そんな彼の成功を妬む者もおり、皮肉を浴びせられるが、コロンブスはそれに卵を立てられるかどうかの頓知で答えてみせる。彼の元には次の探検に加わろうとして大勢の人々が集まってきた。コロンブスは2人の息子を女王の軍隊に入れ、再びイスパニオラへと旅立ち、新都市イザベルの建設に取りかかる。だが貴族の労働拒否や先住人の敵意に悩まされ、さらにはコロンブスのライバルであった貴族モクシカ(マイケル・ウィンコット)の反乱が起こり、コロンブスは責任を問われ投獄される。それもつかの間、銀行家サンタルヘルの口添えで再び航海できるようになったコロンブスは、1502年7月27日、グラシアス・ア・ディオス岬を発見するが、この時老インディアンによって初めて彼は新大陸がアジアでないことを知らされ愕然とする。長年の厳しい旅の疲れからコロンブスは次第に病魔に侵されていくが、ジャマイカ、ハイチ、キューバと精力的に旅を続け、その一方で、イザベル女王に自分の名誉回復の手紙を送る。だがその願いも空しく、女王は彼の手紙を読み終わったあと息をひきとるのだった。

「1492 コロンブス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「1492 コロンブス」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992年10月10日
上映時間 154分
製作会社 パーシー・メイン=レジェンド・プロ作品
配給 松竹富士=アスキー映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSR

「1492 コロンブス」のみんなのレビュー

「1492 コロンブス」のレビューを書く

「1492 コロンブス」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。

「1492 コロンブス」を観ているあなたにおすすめの映画