氷上リズム

ひょうじょうりずむ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ボビーの初舞台」「同じく凱歌」のボビー・ブリーン少年が主演する映画で、フリッツ・ファルケンシュタインとN・ブルウスター・モースが協力でストーリーを書卸し、「クレイグの妻」のメアリー・マッコール・ジュニアが「木に登る女」のマヌエル・セフ及びバーナード・シューバートと協力し、「珍Gメン」「喧嘩商売」のエドワード・クラインが監督に当り、「頓珍漢ミイラ取り」「喧嘩商売」のジャック・マッケンジーが撮影したもの。助演者は「報道線」「月を消しましょ」のチャールズ・ラグルズ、「小公子」のドロレス・コステロ、5歳の天才少女スケーターのアイリーン・デーア、「海賊(1938)」のロバート・バラット、「命を賭ける男(1937)」のドロシー・ピーターソン、「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート等である。なお氷上バレーの按舞はデーヴ・ゴールドが担当している。

「氷上リズム」のストーリー

トミイ少年は父が死んだ後、母と一緒に厳格な伯父ウィリアムの農園に養われていたが、母は故郷の町に住みたいと願っているのに伯父が許さないのを見て、子供心にも何とかして旅費を稼ぎたいと思っていた。この付近を得意とする古物屋のターウイリガー老人が古新聞を買うというので、トミイは貯めていた新聞を売ったが、その中に伯父の20ドル紙幣がまぎれ込んでいたのを誰も知らなかった。故郷へ帰る旅費欲しさの一念からトミイはターウィリガー老人の車に潜り込んでフィラデルフィアへ行く。老人の家の隣りは大スケート場で、5歳の天才少女スケーターであるアイリン・デーア一座が呼物となっていたが、トミイはそこの手伝いに雇われている内、天ぴんの美声が認められ専属歌手として人気を博したが、彼の給料をターウィリガーがごまかしているのを知ると、大人と都会に幻滅を感じて伯父の家へ帰って来た。案じていた母の喜びに引きかえ、伯父は彼に20ドル紙幣を盗んだ疑いをかけていた。そこへ前非を悔いたターウィリガーが、再び少年をスケート場へ出すためにやってきたが、トミイは都会へ出る気はなく、ただ伯父にかけられた疑いを晴らすことを思いつめた。少年は老人と話し合っている内に、古新聞のことを思い出した。その新聞は古い椅子につめてどこかへ老人が売ったのである。利益以外に考えたことのなかった老人は、少年のために古椅子を求めて旅へ出た。そして危く首府の博物館で焼かれようとしているところへ駆付け、古新聞の中から紙幣を捜出した。伯父はトミイに軽率を詫び村の人々は少年の勤勉を誉めた。少年は自分で稼いだ旅費で母親と一緒に故郷の町へ帰った。そこには母の友達や少年の遊び仲間が大勢いた。田園に麦の実る頃、少年は美しい声で大空の下に心ゆくまで歌いながら母と2人で楽しい生活を送った。

「氷上リズム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「氷上リズム」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ映画
レイティング

「氷上リズム」のみんなのレビュー

「氷上リズム」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/15

ジェームズ・ベルーシ(1954)

女と男の観覧車

ウディ・アレンがケイト・ウィンスレットを主演に迎えて撮り上げたヒューマンドラマ。1950年代。コニーアイランドの遊園地でウェイトレスとして働く元女優ジニー。ある日、彼女の前に音信不通だった娘キャロライナが現れ。その日からジニーの何かが狂い始める。共演は「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」のジャスティン・ティンバーレイク、「マレフィセント」のジュノー・テンプル、「ゴーストライター」のジム・ベルーシ。撮影は「地獄の黙示録」「ラストエンペラー」のヴィットリオ・ストラーロ。

砂上の法廷

初監督作「フローズン・リバー」が高評価を受けたコートニー・ハントが、キアヌ・リーヴスとタッグを組んだ法廷ミステリー。ある殺人事件の被告となった少年の裁判の過程で、証人たちの嘘に覆い隠された意外な真実が明らかになってゆく。共演は「コールド マウンテン」のレニー・ゼルウィガー。エリア・カザンの息子で「悪魔を憐れむ歌」などを手掛けたニコラス・カザンが脚本を担当。
コートニー・コックス(1964)

ニューヨーク、愛を探して

ニューヨークを舞台に、悩める母娘たちの物語を綴る群像ドラマ。女性写真家リグビーは、人気ロックバンドのリーダーに写真の腕前を認められ、彼らのツアーに同行しないかと誘われる。ところが既婚男性との不倫関係を解消した矢先、妊娠していることが判明し……。出演は「ヘルボーイ」シリーズのセルマ・ブレア、「ランナウェイ 逃亡者」のスーザン・サランドン、「ラヴレース」のシャロン・ストーン、「スクリーム」シリーズのコートニー・コックス、「帰らない日々」のミラ・ソルヴィーノ、「ペネロピ」のクリスティーナ・リッチ、TV『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のポール・ウェズリー。監督は、TVシリーズを手がけてきたポール・ダッドリッジ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション

人気ホラーシリーズ「スクリーム」続編。前3部作から10年後に起こる連続殺人事件を、シリーズ特有の恐怖、スピード感に加え、前作をパロディにするユーモアで描く。監督は、シリーズ全てを手掛けるウェス・クレイヴン。出演は、「バレエ・カンパニー」のネーヴ・キャンベル、「スコーピオン」のコートニー・コックス。

NEW今日命日の映画人 6/15

該当する人物がいません