• 映画DB トップ
  • 聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY

せいんとせいやれじぇんどおぶさんくちゅあり
上映日
2014年6月21日

製作国
日本

上映時間
93分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

1985年から週刊「少年ジャンプ」で連載、アニメ化作品も大ヒットを記録した車田正美の漫画「聖闘士星矢」。車田氏の熱血画道40周年記念として約10年ぶりの劇場版作品。原作でも人気のあるエピソード、聖域十二宮編をアニメ化。新生・青銅聖闘士(ブロンズセイント)と黄金聖闘士(ゴールドセイント)の熱い戦いをCGで描く。監督は「TIGER&BUNNY」のさとうけいいち。声の出演は石川界人、赤羽根健治、小野賢章、岡本信彦、野島健児、宮本充、小山力也、山寺宏一ほか。

「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のストーリー

遥か神話の時代、闘いの女神アテナを護る戦士たち“聖闘士(セイント)”がいた。彼らは星座の聖衣(クロス)を纏い、地上を脅かす多くの邪悪と己の肉体のみで戦い、その拳は空を裂き、蹴りは大地を割るという。この世に邪悪がはびこる時、必ずや現れるという希望の戦士であった……。そして現代。グラード財団総帥・城戸光正(声:大杉漣)の孫として育てられた少女・木戸沙織(声:佐々木彩夏)は、自らの持つ不思議な力に思い悩んでいた。そんなある日、その力が“小宇宙(コスモ)”と呼ばれる力であり、沙織こそ聖闘士を率いて地上の愛と平和を守るアテナの生まれ変わりである事を告げられる。しかし聖闘士たちの総本山である聖域(サンクチュアリ)の教皇により、沙織はアテナを騙る逆賊として命を狙われる身となってしまう。襲いかかる刺客たちから沙織を救ったのは、彼女を護るべく青銅聖闘士(ブロンズセイント)となった星矢(声:石川界人)であった。自らの運命に向き合うと決めた沙織は、星矢と仲間の青銅聖闘士と共に聖域へと向かうが、そこには聖闘士の中でも最強を誇る伝説の黄金聖闘士(ゴールドセイント)たちが待ち受けていた……。

「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2014
公開年月日 2014年6月21日
上映時間 93分
製作会社 「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会(東映アニメーション=バンダイナムコゲームス=バンダイ=三洋物産=バンプレスト=NEXTWING=東映=木下グループ=東映ビデオ=アサツー デイ・ケイ)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://saintseiya2014.com/
コピーライト (C)2014車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会

「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のみんなのレビュー

「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません