樹海のふたり

じゅかいのふたり
上映日
2013年7月6日

製作国
日本

上映時間
124分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

お笑いコンビ“インパルス”の板倉俊之と堤下敦が映画初主演を務めるヒューマンドラマ。自殺志願者に取材したことから、自らの人生と向き合っていく二人のテレビディレクターの姿を描く。監督・脚本は、数々のテレビドキュメンタリーを手掛けてきた山口秀矢。撮影を「誰も知らない」の山崎裕、音楽を「SHADY GROVE」など俳優として活躍する関口知宏が担当する。

「樹海のふたり」のストーリー

テレビ番組制作会社でフリーディレクターとして働く竹内(板倉俊之)と阿部(堤下敦)は、会社から要請される仕事に対する不満から、いつのまにか社内で干され、落ちこぼれのディレクターとなっていた。そんな二人が新しい番組を企画、富士の樹海に入ろうとする自殺志願者にインタビューを敢行し、彼らの心情や自殺を思いとどまらせるシーンを撮ろうと樹海へと向かう。手探りの中で取材を続けながら1ヶ月、撮った映像は高視聴率を獲得し、テレビ局も制作会社も彼らが作る続編に大きな期待を持っていた。だが、取材で出会った人たちの人生の背景に触れた二人は、高視聴率番組を作りたい気持ちと、人間としての良心の板挟みになり、次第に自分たちの行動に疑問を持ち葛藤する。さらに、竹内には妻(遠藤久美子)と3人の子供がいるが、長男が自閉症という問題を抱え、阿部は認知症の父(中村敦夫)を養っていく必要があった。やがて二人は取材をしていく中、次第にお互いの気持ちのズレが生じていく……。

「樹海のふたり」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「樹海のふたり」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013年7月6日
上映時間 124分
製作会社 「樹海のふたり」製作委員会(いまじん=えふぶんの壱=キメラ=メディア・バスターズ)
配給 アーク・フィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 不明
コピーライト (C)2013「樹海のふたり」製作委員会

「樹海のふたり」のみんなのレビュー

「樹海のふたり」のレビューを書く

「樹海のふたり」の多彩なBlu-ray/DVD



「樹海のふたり」を観ているあなたにおすすめの映画