怒りの日(1975)

いかりのひ Hennessy
上映日
1975年10月25日

製作国
アメリカ

上映時間
103分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

イギリス軍に妻子を殺されたアイルランド人の孤独な報復戦を描くAIP創立20周年記念作品。製作はサミュエル・Z・アーコフ、監督はドン・シャープ、脚本はジョン・ゲイ、原案はリチャード・ジョンソン、撮影はアーネスト・スチュワード、音楽はジョン・スコットが各々担当。出演はロッド・スタイガー、リー・レミック、リチャード・ジョンソン、トレヴァー・ハワードなど。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1975年作品。

「怒りの日(1975)」のストーリー

1972年11月1日。政治紛争が続く北アイルランドの首都ベルファストで起こったアイルランド系市民のデモ隊とその鎮圧に当たっていた英国兵との市街戦にまきこまれて無名の市民母娘が殺された。英国兵の無差別に放った弾丸のために愛する妻と娘を殺されたヘネシー・ナイアル(ロッド・スタイガー)は、平凡温厚な爆破技師で、かつてIRA(アイルランド共和国軍)の勇猛な闘士だったが、現在は第一線から退き、ひたすら家庭を愛していた男だった。ヘネシーは英国に対して報復を誓い、妻子の葬式も待たずに一路イギリスへ。そして英連邦国会開院式が行われる11月5日に、エリザベス女王陛下をはじめ、英国の最高要人たちを一挙に爆弾で殺すという恐るべき計画に、たった一人で秘かに着手したのだった。ヘネシーの過激な計画を知ったベルファストIRAの隊長トビンは世論の反発を危険視してヘネシーの計画阻止に全力を注ぐために部下を英国へ放った。一方、スコットランド・ヤードのライス長官(トレヴァー・ハワード)とホリス警視(リチャード・ジョンソン)はヘネシー入国を知ると、直ちに非常体制を整えた。仲間のIRAや警視庁から追われるヘネシーは初恋の女ケート(リー・レミック)の家に身をよせ着々と計画を進行させていった。下院議員バージェスに変身するためにその音声をまね、爆破に使うダイナマイトを採岩場から盗み出した。開院式の前夜、ヘネシーはバージェス邸に闖入し、バージェスを縄で縛り上げて、またたくまにバージェスに変身。折から警戒にやってきたホリス警視をまんまとだました。そのホリスがバージェス邸を辞して外に出たとき、そこへトビンのグループがヘネシーのバージェス議員変身を察知して駆けつけた。たちまち両者の間で凄まじい銃撃戦の火蓋が切られた。そして11月5日。国会開院の日---1万名という未曾有の警備がスコットランド・ヤードによって敷かれたさなか。女王夫妻が姿を見せた。。一方のヘネシーは背広の下にダイナマイトを縫いつけたチョッキを着けてバージェス議員になりすまして議事堂に潜入した。IRAのトビンは議事堂に入る前にヘネシーを狙撃しようとしたが失敗、一方のホリス警視はようやくヘネシーがバージェスに変身して議事堂に入ったことを知った。開院式のさまざまなセレモニーが続き、ようやくエリザベス女王の演説が始まった。ヘネシーが爆弾スイッチに手を伸ばした瞬間、議事堂内を必死で捜し廻っていたホリス警視が彼を発見、一撃を見舞った。だが暴漢と間違えられて警備員にとりおさえられたホリスを尻目に、ヘネシーは走り始めた。それを追うホリス。ヘネシーは議事堂の庭に逃げたが、そこは行きどまりだった。銃を構えるホリスの声とともに、大爆音が轟き渡った。(東宝東和配給1時間44分)

「怒りの日(1975)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「怒りの日(1975)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1975年10月25日
上映時間 103分
製作会社 A・I・P
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「怒りの日(1975)」のみんなのレビュー

「怒りの日(1975)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。