アンナ・カレーニナ(1927)

あんなかれーにな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「肉体と悪魔」に次ぐグレタ・ガルボとジョン・ギルバートとの共演映画でロシア文豪トルストイの代表作「アンナ・カレーニナ」から「コサック(1928)」「熱砂の舞」のフランセス・マリオンが脚本を手がける。監督は「パリ」「三人の踊子」のエドモンド・グールディング。共演はジョージ・フォーセット氏、エミリー・フィッツローイ、プランドン・ハースト、フィリップ・デラシー等。撮影は「世界に次ぐ」のウィリアム・ダニエルス。

「アンナ・カレーニナ(1927)」のストーリー

ポリス大公の武官ヴロンスキー大尉(ジョン・ギルバート)は復活祭のため、セント・ペテルブルクへ向かう途上、貴婦人が激しい吹雪に進路を阻まれているのを見かけ、付近の宿に案内して一泊した。その夜、ヴロンスキーは自制の心を失って彼女の愛を求めたが、彼女は氷の如く冷ややかに彼の無作法を難詰した。翌朝二人は別れ、しかしヴロンスキーの脳裏には彼女の姿が深く刻まれていた。復活祭の常日、ヴロンスキーは偶然にも彼女に再会したが、彼女こそ内閣大臣カレーニンの娘アンナ(グレタ・ガルボ)であった。アンナは最近良人に死別し、厳格なカレーニンのもとで遺児を相手につつましやかな生活をしていた。若くして未亡人となった彼女の胸には、火の如く燃えた熱情がある。ヴロンスキーの出現は、彼女を盲目の恋の淵に引き入れる。我が子のため、カレーニンの社会的名誉のため、アンナは極力誘惑を退けるに努めたが、それも徒労であった。二人は人目を忍んでしばしば会うようになり、いつか人の噂にも上がりはじめた。アンナは愛児をも残して、ヴロンスキーのもとへ身を寄せた。アンナとヴロンスキーとはイタリーの湖畔に遊んだが、アンナの心からは寸時も愛児のことが離れない。アンナは沢山の玩具を買い求め、カレーニンの家をひそかに訪れる。カレーニンは彼女を責め、直ちに家を去ることを要求した。愛児から離れ、カレーニンの名誉を汚し、今また自分たちの恋愛関係のため、愛人ヴロンスキーは隊から放遂されようとする。アンナは大公の許に駈け付け、彼とは今後絶対に関係を断つからと、ヴロンスキーの許しを乞う。その後、アンナとヴロンスキーは再び会うが、二人の間には越えられぬ深い溝が横たわっていた。ヴロンスキーは許され、戦友とともに盛宴を張ったが、その裏にアンナの犠牲が秘められていることは知らないままだった。カレーニンのため、愛児のため、また愛人の幸福を祈って、アンナは驀進してくる列車の前に身を投じた。

「アンナ・カレーニナ(1927)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アンナ・カレーニナ(1927)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング

「アンナ・カレーニナ(1927)」のみんなのレビュー

「アンナ・カレーニナ(1927)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。