暗殺(1968)

あんさつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ルイス・ジョン・カルリーノの脚本(彼はシシリーとアメリカを背景とするこの物語のために、2年の歳月を費やし、その歴史的事実を調査した)を「寒い国から帰ったスパイ」のマーティン・リットが監督。マフィアに属する兄弟の愛を描いた感動作。撮影は「質屋」のボリス・カウフマン、音楽は「ブリット」のラロ・シフリン、美術はタンビ・ラーセン、編集はフランク・ブラクト。出演は「パリは燃えているか」のカーク・ダグラス、「駅馬車(1965)」のアレックス・コード、スーザン・ストラスバーグ、イレーネ・パパスほか。製作は主演のカーク・ダグラス。

「暗殺(1968)」のストーリー

フランク(カーク・ダグラス)とヴィンス(アレックス・コード)は、マフィア仲間では“ブラザーフッド”の威名で知られる犯罪稼業一家の実の兄弟。1800年代の後半、当時移民ばやりのアメリカにシシリーから渡り、定着した一家の息子たちである。だが兄は、古いマフィアの掟を守り続け、新しい主導者たちとウマがあわない。一方、古いしきたりに全くこだわらない弟のヴィンスは、兄のやり方が理解できない。こうした相違はこのマフィアの兄弟を、どうしようもないジレンマに追い込んでいく。ヴィンスは、ニューヨークの組織の幹部であるベルトーロ(ルーサー・アドラー)の娘エマ(スーザン・ストラスバーグ)と結婚する。一方組織の方は、フランクとベルトーロ、そのほか3人の手で支配されていたが、彼らは各々、勢力下にある組合の金を合法的に流用して投資、実権を握ろうと画策していた。しかし、政府とのトラブルを予想したフランクはそれに反対して、仲間たちと決裂する。ヴィンスにも手を引くように忠告するが、彼は従わなかった。その頃フランクは、すでに引退している昔のマフィアの首領ドン・ペピノ(エドワード・チアネーリ)から、かつて自分の父親をも含む41人のマフィアたちが、1人の密告者によって殺されたと聞く。そして忠誠を誓い合ったマフィアの同志を裏切り、その大量虐殺にベルトーロが関係していたことを知る。フランクは復讐を誓い、ベルトーロを殺す。裏切り者を殺すのは、マフィアの掟だった。だがフランクも今では追われる身。妻アイダ(イレーネ・パパス)と子を連れてシシリーに脱出した。しかし、弟のヴィンスが追う。義父を殺されたヴィンスには、犯人である実の兄を殺すことがマフィアに対する唯一の忠誠だった。シシリー島で兄と弟。2人は腕を組みオリーブ畑を歩いていく。そして兄は、草むらからライフルを取り出すと、弟に渡す。その銃は彼らの父親が愛用していたものだ。しかしそれは、ヴィンスがフランクを撃たねばならない決断の時だった。フランクは弟にキスし、うながした。静寂を破るライフルの炸裂音。ヴィンスは銃を下ろすと兄の死体にひざまづいた。すすり泣くヴィンスの哀しみが、シシリーの平野にこだまするのみ。

「暗殺(1968)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「暗殺(1968)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
製作会社 パラマウント
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「暗殺(1968)」のみんなのレビュー

「暗殺(1968)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/8

ブライアン・タイラー(1972)

ランボー ラスト・ブラッド

シルベスター・スタローンの代表作「ランボー」シリーズ最終章。元グリーンベレーのランボーは、古郷アリゾナで、古くからの友人マリアとその孫娘ガブリエラと平穏に暮らしていた。ところがガブリエラが人身売買カルテルに拉致され、ランボーは救出に向かう。出演は、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のパス・ヴェガ、「サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団」のセルヒオ・ペリス・メンチェータ、「バベル」のアドリアナ・バラーサ、ドラマ『フォスター家の事情』のイヴェット・モンレアル、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のオスカル・ハエナダ。監督は、「キック・オーバー」のエイドリアン・グランバーグ。

エスケープ・ルーム(2019)

「ワイルド・スピード」シリーズのプロデューサー、ニール・H・モリッツが手掛けたシチュエーションスリラー。あるオフィスビルに集められた賞金1万ドルを賭けた体験型脱出ゲームの参加者6人が、様々なトラップが仕掛けられた死のゲームに挑んでいく。出演は『ロスト・イン・スペース』のテイラー・ラッセル、「僕のワンダフル・ライフ」のローガン・ミラー。監督は「インシディアス 最後の鍵」のアダム・ロデヒル。
スティーヴン・アメル(1981)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影 シャドウズ

忍術を使うカメが活躍するアメコミ原作の人気シリーズを、「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作により映画化。宿敵シュレッダーが脱獄し、再びニューヨークを恐怖に陥れようとする。タートルズはエイプリルや新しい仲間のケイシーらと共に立ち向かう。監督は、「EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー」のデイヴ・グリーン。出演は、「トランスフォーマー」シリーズのミーガン・フォックス、「ミュータント・タートルズ」のウィル・アーネット、「私が愛した大統領」のローラ・リニー、ドラマ『ARROW/アロー』のスティーヴン・アメル、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のブライアン・ティー。

あの日の指輪を待つきみへ

戦争によって失われた愛が1つの指輪と共に甦る、2つの時代と2つの大陸を結ぶ壮大なラブ・ストーリー。監督は、「ガンジー」のリチャード・アッテンボロー。出演は、「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、TVシリーズ『The OC』のミーシャ・バートン、「サウンド・オブ・ミュージック」のクリストファー・プラマー。

NEW今日命日の映画人 5/8

ブライアン・フォーブス(2013)

チャーリー(1992)

サイレント映画の時代から赤狩りでハリウッドを追われるまで世界の喜劇王として活躍したチャールズ・チャップリンの半生を描く伝記ドラマ。監督・製作は「遠い夜明け」のリチャード・アッテンボローで、彼の「ガンジー」を10回以上観たというチャップリンの未亡人ウーナの許諾を得て実現した企画である。共同製作は「氷の微笑」のマリオ・カサール。アッテンボローの製作会社に所属するダイアナ・ホーキンスの原案で、チャップリン自身の手による「チャップリン自伝」(新潮社・刊)と、この作品の歴史顧問も務めるデイヴィッド・ロビンソンの、徹底した調査に基づいて全生涯を再現したドキュメント「チャールズ・チャップリン」(文藝春秋・刊)を原作に、小説家でもあるウィリアム・ボイドと、ブランアン・フォーブス、「ミザリー」のウィリアム・ゴールドマンが共同で脚本を執筆した。撮影は「存在の耐えられない軽さ」のスヴェン・ニクヴィスト、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「エア・アメリカ」のロバート・ダウニー・ジュニア。チャップリンの娘で、「モダーンズ」のジェラルディン・チャップリンが自身の祖母にあたるハンナを演じている。他に「スニーカーズ」のダン・エイクロイド、「冬の恋人たち」のモイラー・ケリー、「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のケヴィン・クライン、「ストリート・オブ・ファイヤー」のダイアン・レインらが共演している。

サンデー・ラバーズ

ロンドン、パリ、ローマ、ロスの世界の4都市を舞台に恋にハリキる中年男性の姿をそれぞれの独立したストーリーで描いたオムニバス映画。製作はレオ・L・フックス、監督は一話(ロンドン)がブライアン・フォーブス、二話(パリ)がエドゥアール・モリナロ、三話(ロス)がジーン・ワイルダー、四話(ローマ)はディーノ・リージが担当。脚本はフランシス・ヴェベール、アージェ・スカルペッリ、レスリー・ブリカッセ、ジーン・ワイルダー、撮影はクロード・アゴスティーニ、トニーノ・デリ・コリ、ジェリー・ハーシュフェルド、クロード・ルコント、音楽はマヌエル・デ・シーカが担当。出演はロジャー・ムーア、リノ・ヴァンチュラ、ジーン・ワイルダー、ウーゴ・トニャッティなど。英語版。