テキサスの四人

てきさすのよにん
上映日
1963年12月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ 西部劇

ここが見どころ

「何がジェーンに起こったか?」のロバート・アルドリッチがテディ・シャーマンと共同でオリジナル・シナリオを執筆、監督した西部活劇ドラマ。「ベラクルス」ほかのコンビ、アーネスト・ラズロが撮影を、また空中撮影を「史上最大の作戦」のロジャー・モンテランが、音楽をサミー・カーンとジミー・バン・ヒューゼンのコンビがそれぞれ担当した。出演者は「ナイスガイ・ニューヨーク」のフランク・シナトラ、ディーン・マーティン、「ボッカチオ70」のアニタ・エクバーグ、「007は殺しの番号」のアーシュラ・アンドレス、「大脱走」のチャールズ・ブロンソン、「何がジェーンに起こったか?」のヴィクター・ブオノ、「ベン・ケーシー」のニック・デニス、「ドノバン珊瑚礁」のマイク・マザーキほか。

「テキサスの四人」のストーリー

銀行の用心棒でとばく師のザック(フランク・シナトラ)とジョー(ディーン・マーティン)は偶然駅馬車に乗り合わせた。途中マトソン(チャールズ・ブロンソン)一味に襲われるが、2人の手練に彼らは死人を残して去る。一味は馬車の大金を奪いザックを殺すよう銀行のバーデン(ヴィクター・ブオノ)に命令されたのだった。ジョーは隙をうかがって金を横取りして逃げた。ザックは愛人イーリア(アニタ・エクバーグ)の所へ帰るが、ジョーが町へ現れたと聞き、腹心らとジョー攻撃を考えた。ザックはジョーと会うためにレストランを指定して落ち合ったが、その暗闇からマトソンの銃口がザックに向いているのを認めたジョーは素早くマトソンを撃った。2人は妙な別れ方をした。マクシン(アーシュラ・アンドレス)はとばく師の未亡人で河船の上でとばく場を開くための出資者を探していたが、ジョーはその美しさに魅せられて金を出すことを引き受けた。その頃、バーデンはザックと河船を乗っ取る計画を立てていたが、彼はザックの副業である仲買いの綿の陸上げのとき、船を沈没させザックに罪名をかぶせた。河船乗っ取りを防ぐ手を考えていたジョーは、犯罪証拠をバーデンにつきつけ、船着場を99年間借りることに成功した。河船の就航祝いの日、怒ったザックは乗り込んで船員と乱闘を始め、ジョーとザックは殴り合って船内の倉庫に転落、そこで沈没した綿を発見、バーデンの悪企みに気づいた。そこへバーデン一味も殴り込んで来て、仕方なくジョーとザックは手を結んで応戦、2人の勝利がバーデンの悪事を証明した。ザックとイーリア、ジョーとマクシンは結ばれた。

「テキサスの四人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「テキサスの四人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1963年12月21日
製作会社 サム・カンパニー映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「テキサスの四人」のみんなのレビュー

「テキサスの四人」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。