テーブル・ロックの決闘

てーぶるろっくのけっとう
上映日
1957年1月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

サム・ウィーセンサルが製作した西部劇。「六番目の男」の西部小説作家フランク・グルーバーの原作をウィンストン・ミラーが脚色し、ライター出身のチャールズ・マーキス・ウォーレンが監督した。撮影は「攻撃」のジョセフ・バイロック、音楽は「ジャイアンツ」のディミトリ・ティオムキン。主演は「海底の黄金」のリチャード・イーガン、「風と共に散る」のドロシー・マローン、「たくましき男たち」のキャメロン・ミッチェル。他に子役ビリー・チャピン、ロイヤル・ダノ。

「テーブル・ロックの決闘」のストーリー

南北戦争が終わった頃、ウエス(リチャード・イーガン)は戦友のサムと無法を働いていたが、逃亡中足手まといの負傷者をサムが惨殺したことから別れる決心をした。その彼をサムは背後から射とうとしたが、一瞬早くウエスが射殺した。しかし目撃者のサムの女が、ウエスがつれないのを恨み、警吏に「懸賞金欲しさにウエスが背後から射殺した」と告げた。ウエスは捕縛されたが、お尋ね者を仕とめた理由で保釈となった。しかし彼の行為は歌にもなって世の非難をあびた。人目を避けて放浪に出たウエスは、やがてある駅馬車の中継所に変名して雇われたが、そこの主人が無法者に殺され、孤児となったジョディを親類のミラー夫妻(キャメロン・ミッチェルとドロシー・マローン)にあずけるため、テーブル・ロックにやって来た。ロック市では、テキサスから家畜を輸送してくる牧童の乱暴を恐れ大騒ぎだった。新聞編集長ジェームズンは警吏のミラーに治安の確保を要求したが、町のボス、カークの反対でミラーは煮え切らない。夫の態度に不満の妻ローナハウエスを頼りにした。牧童が町に到着、案の定殺人事件が起きた。裁判で、たまりかねたウエスが牧童の有罪を証言、本名も明かした。それに勇気づけられミラーも立ち上がったのでカークはミラーを除くため、名うての拳銃射ちブレックをよびよせた。ウエスはミラーのため、昔馴染みのブレックと対決、ウエスが勝った。背後からウエスを狙ったカークもミラーが射殺、市民達は団結して暴力一掃に立ち上がった。やがてウエスはジョディとミラー一家を残して旅立っていった。

「テーブル・ロックの決闘」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「テーブル・ロックの決闘」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年1月5日
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ
レイティング
カラー/サイズ カラー

「テーブル・ロックの決闘」のみんなのレビュー

「テーブル・ロックの決闘」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/15

エマ・トンプソン(1959)

クルエラ

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。
メイジー・ウィリアムズ(1997)

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。

ニュー・ミュータント

運命に抗う若者たちの闘いを描いたマーベル・コミック原作のSFアクション。未熟さゆえに特殊能力を制御できず、辛い過去を背負った5人の若者。極秘施設で訓練を受ける彼らの前に、突如謎のモンスターが現れる。恐怖で錯乱する中、さらなる危機が…。