アロハ・サマー

あろはさまー
上映日
1988年6月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

1959年の夏のハワイを舞台に、若者たちの愛と友情を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはウォーレン・チェイニー、製作・脚本・原案はマイク・グレコ、監督はトミー・リー・ウォーレスで本作品が日本初公開作となる。共同脚本はボブ・ベネデット、撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はジェシー・フレデリックとベネット・サルヴェイが担当。出演はクリス・メイクピース、ユージ・オクモトほか。
1959年の夏のハワイを舞台に、若者たちの愛と友情を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはウォーレン・チェイニー、製作・脚本・原案はマイク・グレコ、監督はトミー・リー・ウォーレスで本作品が日本初公開作となる。共同脚本はボブ・ベネデット、撮影はスティーヴン・ポスター、音楽はジェシー・フレデリックとベネット・サルヴェイが担当。出演はクリス・メイクピース、ユージ・オクモトほか。

「アロハ・サマー」のストーリー

1959年の夏のハワイ、家族と一緒にバカンスにやってきたチャック(ドン・マイケル・ポール)は、カリフォルニアからやってきたマイク(クリス・メイクピース)と出会い、意気投合しサーフィンを始める。同じ頃、親戚を訪ね、日本からやってきてサーフィンを教わっているケンゾー(ユージ・オクモト)ら4人の少年たちとも知り合い、彼らは友情を深めてゆく。またチャックは、ハワイの美しい娘ラニ(ティア・カレル)に恋するが、白人に偏見を持つ彼女の兄キモー(アンディ・ブマタイ)たちとやり合ってしまう。そしてケンゾーの父コニシ(ショー・コスギ)もまたアメリカ人に偏見を抱いている1人だった。そんな親たちの人種的、社会的偏見や差別の中で、彼らはさまざまな出来事を体験してゆく。夏の終わりのハリケーンの中、少年たちはボードを抱え波に挑戦する。荒れ狂う波で行方不明になるケンゾーを救い出すのはマイクだった。そして別れの時、息子を救ってくれたマイクにコニシは心からの礼を述べる。またチャックとラニの2人も、フィアンセとしてお互いの家族に認められるのだった。

「アロハ・サマー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アロハ・サマー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1988年6月18日
製作会社 ハナウマ・ベイ・プロ作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「アロハ・サマー」のみんなのレビュー

「アロハ・サマー」のレビューを書く